« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月01日

今日から10月

081001.jpg地図サービスで有名なALPS社。が、Yahoo!の傘下に入っていたのは驚きだ。さらに地図に関しての新サービス会社として、新規事業をスタートさせていたと知って二重の驚きだった。

それが「LatLongLab」。すでに大判地図が手に入れられる「4×3印刷」や「猛レース」などユニークなサービスを展開している。マピオンが正統な地図サービスとしたら、こちらは「遊び」サービスといったところか。

グーグルのストリートビューを筆頭に、地図の情報サービスは多岐に渡って展開しているといえる。その中でどのようなサービスで生き残っていくのか。猛レース、というサービスを提供してるが、ナイキのランニングサービスと連動したバーチャルレースなどどうだろうか。

続きを読む "今日から10月" »

2008年10月02日

新型エンジンは王者の牙城を崩せるか

081002.jpg少し、古い話題になります。今年の7月、スタンフォード大学のTom Costello教授とGoogleの元検索アーキテクトであるAnna Patterson氏の夫妻がチームを組んで新型検索エンジンのサイトを立ち上げた。

それが「cuil」だ。サイトオープン直後、様々なニュースサイトで喧伝され、検証された。あれから約3ヶ月。新型検索エンジンがどれくらい、シェアをつかんでいるかは分からない。

ただ、インターネット上の「google至上主義」の空気はやはり、正常とはいえない。そのためにも期待している。

続きを読む "新型エンジンは王者の牙城を崩せるか" »

2008年10月03日

地方経済活性化につながるか

081003.jpg新聞業界では、地域によって、地方紙の方が強かったりする。差はあるだろうが、全国紙とは違い、地元に密着しているので支持も多いのだろう。それが、地域経済に寄与しているのも事実だ。だが、インターネットの世界においては、「場所」というのは、重要ではない。サーバーにあがっていれば、どこでも入手できるからだろう。

だが、ネット上でも地方新聞社は頑張っている。アサヒコムやYahoo!ニュースなどとは違う、ニュースポータルサイトを運営している。それが47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイト「47NEWS」。

ネットとジャーナリズムは合わない、という話もある。実際、アサヒコムやヨミウリオンラインに比べ、苦戦しているようだ。だが「ニュース」の需要は高い。ただ、ネット上で地元のニュースを読むユーザーがどれくらいいるか。リアルで地方紙、ネットでポータルニュース、という流れを変えることはできるか。

続きを読む "地方経済活性化につながるか" »

2008年10月06日

全国のイベント

081006.jpg以前、イベント紹介ページを簡単に作成できるサービスを紹介した。今回も似たような性格だが、ポータル要素の強いサービスだ。

総合情報イベントサイト「ことさが」。JTBや○○ウォーカーのネット版などで、全国のイベントカレンダーがある。あれの投稿版、と考えればいいのではないだろうか。素晴らしいのは、グーグルマップで、位置が直感的に探せること、人気ランキングがあるところだろう。

それから、「モバイル版」もオープンしたのは大きいかも知れない。以前、「地方のイベントは、100人単位で人が集まる大きなお祭りでも、ホームページもない」という記事を読んだことがある。そういった地方のお祭りをどれだけ網羅するかが、このサイトの役割なのではないだろうか。


続きを読む "全国のイベント" »

2008年10月07日

ゲーム作成

081007.jpg投稿サイトって多いと思う。何を投稿させて、どういうサイト展開にするか、というのが、重要だが。キーは、そこだろうなあ。最近はテーマ毎のSNSも増えているが、SNSはコミュニティになじめるかがどうかがカギだな。

日本人が意外と好きなクイズをテーマにしたものが「Piquiz」。ワードで画像検索をすると画像が出てくる。逆に並んだ画像を見て、それがどのキーワードで検索された画像かを当てるクイズ。問題をブログに張ることもできるし、ランキングや難問コーナーもある。

似たような感じで「ブログ」や辞書の解説を並べて、「検索ワードは何でしょう」というサービスも人気でるかも。それにしても何で、日本人てクイズ好きなんだろうね。

続きを読む "ゲーム作成" »

2008年10月08日

グッドデザイン賞から、その1

20081008.jpg2008年度のグッドデザイン賞が発表された。「移動・ネットワーク領域/コミュニケーション- デジタルメディア」部門でいくつかのWebサイトが受賞したので、いろいろ閲覧していると、しっているものもあれば、「こんなサービスあったんだ」というサイトもあり多種多様。今後、受賞サイトの中から、いくつか紹介していきます。

今回、もっとも感銘を受けたのは「想-IMAGINE Book Search」。本の検索エンジンですが、これが、実に良くできてる。単語ではなく、文章を入力しても、対象の本をピックアップしてくれるのだ。例えば「野球の歴史を知りたい」と入力すれば、「ジュンク堂書店」「Wikipedia」「新書テーマ」その他、様々本関連データベースからピックアップしてくれる。

「こういう本が読みたいなあ」といった漠然とした要求にこたえてくれる書店員のような本検索エンジン。そのうち、気分を入力すると、それにぴったりのワインを勧めてくれるソムリエのような検索エンジンも出てくるかも。

続きを読む "グッドデザイン賞から、その1" »

2008年10月09日

グッドデザイン賞、その2

081009.jpgグッドデザイン賞でWebサイトが選ばれているのは、「コミュニケーション部門」だ。つまり、コミュニケーションの一環として認識されている。グッドデザインといっても、見える部分だけでなく、実用性の部分も含めて「グッドデザイン」の必要があるのだろう。

この「pjam」もPC、モバイルを問わず、要領よくメンバーのコミュニケーションが取れるシステムだ。詳しい利用方法はサイトに直接アクセスして確認してほしい。ただ、掲示板に書き込まれる度に、その内容がメールで飛んでくる、というのはPull型とPush型メディアのいいとこ取りだと思う。

モバイルとPCの連動コミュ、といえばmixiもそうだろう。今後は両デバイスを利用できるサービスが必須なのかもしれない。

続きを読む "グッドデザイン賞、その2" »

2008年10月10日

グッドデザイン賞、その3

081010.jpg動画専門の検索エンジンもたくさんあり、特別、目新しいサービスでもない。ただ、探すだけなら。そこにどんな付加価値を付けるかが重要だ。

今回、グッドデザイン賞を受賞した「woopie」は、付加価値が上手かった。探した後、ユーザーが自分で動画を編集できるところ。マイチャンネル、と名づけられたこのサービスは、収集した動画を簡単に自分好みに編集できる、という。

PCだけでなく、モバイル、iPhoneやiPodtouchでの視聴も可能だ。これは大きいと思う。

続きを読む "グッドデザイン賞、その3" »

2008年10月14日

グッドデザイン賞、その4

081014.jpgここ1,2年で子供向けサイトや子供とインターネットの関係を重視した話題が多い。PCの普及とPC利用の低年齢化が進んできた証拠だ。実際、ナショナル企業などでは、自社サイト内に子供向けコンテンツを置いている企業も少なくない。

今年のグッドデザイン賞の中にも、子供向けサービスがある。「ピッケのおうち」だ。「親子で楽しめるインタラクティブ絵本」がテーマ。それだけに、可愛らしいイラストをメインにフルフラッシュで遊べるように作られている。

親子で楽しめる、というところが重要だろう。テレビではなくインターネットで親子の会話のきっかけになるのもいいものだと思う。

続きを読む "グッドデザイン賞、その4" »

2008年10月15日

未来を予測

081015.jpg将来のことは誰にも分からない。だから、ギャンブルが成り立つし、占い師が職業としてあり、面白い、ともいえる。分からないからこそ、人は知りたがる。

知ることはできないが、こうなるだろう、こうなってほしい、という願望はある。その願望を予測という形でコミュニティにしたのが「こうなる」。ネタも「地デジの延長はあるか」「WBC2回目の監督は誰か」から「株価の予測」など千差万別。ゲームとして参加するのは面白いといえる。

SNS(かな?)はテーマ別に細かく分かれていくと予測(?)したが、こういう形のものもでるとは思ってなかった。

続きを読む "未来を予測" »

2008年10月16日

解けない式は存在するか?

081016.jpg計算はコンピューターの得意分野のひとつだ。というより、そのために作成されたともいえる。Webもその延長にあるといえる。アトムにHAL、Mr.アンダーソンや個性を持ったタチコマも高度な計算式の産物といえる。

そこまでハイレベルではないが、もっと身近な計算式を楽しめ、「高精度計算サイト」だ。統計関数、健康といった実用から日本シリーズの勝率といった予想までさまざまな数式が紹介されている。人気ランキングや質問コーナーまで充実。さらに自作の式を登録できる。人気というのもうなづける。

理系離れと言われるが、自分の興味あることからアプローチできれば、子供も数字好きになるのでは。
個人的にはバイオリズムを参考にします。

続きを読む "解けない式は存在するか?" »

2008年10月17日

バナーは世界共通語?

081017.jpg基本的にこのサイトでは、日本語の解説がついたWebサイトを紹介していく予定である。でなくては、自分が理解できないから。内容の分からないサイトを紹介はできないでしょう。

さて、今回、紹介する「bannerblog」は日本語の解説はない。だが、タイトル通り、「バナーを紹介したブログ」であり、単語が分かれば、内容を堪能できる。日本のバナーも紹介されており、電通やバスキュールの名前が読める。クリック誘導として、重要なポジションのバナー。見てるだけで飽きないもの、押せ押せとクリックを強要するもの、いろいろだ。

見ていて感じたのは、レベルの高いものは、自然とクリックしたくなるようにできていること。CMと同じでテクニックさえあれば、言葉の壁は関係ないなあ。


続きを読む "バナーは世界共通語?" »

2008年10月20日

地図脳を作成するらしい

081020.jpgモバイル最大の利点は、出先で利用できることだとも思う。最先端のユビキタス。「ユビ、きたっす」というコピーがあったが、まさに、指で利用するIT(インフォメーションテクノロジー)、だと思う。

外出先での利用方法として紹介するのが「スタンプ」。外出先での位置情報を、「記録」「確認」「共有」できるサービス。つまり、脳内地図の外部記録、というところだ。

モバイルの位置情報端末としてのナビ情報の充実度は驚くほどだ。これを、個人から共有へ。これがリアルタイム情報となれば、もっともっと便利なるはず。

続きを読む "地図脳を作成するらしい" »

2008年10月21日

絵画的ゲーム

081021.jpg葛飾北斎、といえば、世界に名だたる絵師として有名だ。彼の残した浮世絵は、国内外を問わず、高い評価を得ている。

その浮世絵のカットを題材にしたゲームが「北斎漫画作成キット」。有名なイラストを組み合わせることでオリジナル浮世絵(?)ができる。パズルのようなイラスト作成ゲームのようなサイトだ。

このパターンで浮世絵のカットだけでなく、マンガのキャラが組み合わせるようなサービスができたら、人気になるかもしれない。

続きを読む "絵画的ゲーム" »

2008年10月22日

URLは短い方がいいよね

081022.jpgWebサイトを人に紹介するとき、短いほうが伝えやすい。「○○で検索してよ」といってもいつも上位に表示されるとは限らない。長いと打ち間違えなども起こりやすい。

そんな悩みを解決してくれるのが「URLDesign」。地図なんかの長いRLも圧縮してくれる。まあ、短縮時にメールアドレスを入力するとその短縮されたURLが何時に何回クリックしたなどの詳細を登録されたメールアドレスにお送りするサービスもあるそうだ。

ネットライフをさりげなく、便利にしてくれるサービス。こういうアイデアが重要なんだろうな。

続きを読む "URLは短い方がいいよね" »

2008年10月23日

何になるか?

081123.jpg一昔前より、仕事はかなり細分化していると思う。また、情報が氾濫している今、自分が何をやりたいか、何ができるのか、悩んでいる人も多いはず。だから、紹介会社や資格取得関連会社が増えているのだろう。

自分が何をしたいか、そのためにどうしたらいいか、の一助となってくれるのが「何なるネット」だ。適職診断や職業情報をもとに、そのポジションに着くための学校を紹介してくれる。人生の進路を考えるに際しての情報源に近いポータルサイト、といえるだろう。

昔は、学校も職業も種類は多くなかった。それが、いつの間にか複雑化し、職種が増え、対応するように学校も増えた。

続きを読む "何になるか?" »

2008年10月24日

地域サイトのあり方

081024.jpg好き嫌いに関わらず、ITは生活の中に入ってくる。インターネットとは縁のない生活を送りたくても、年々、インフラの一部として暮らしの中に入ってくる。総務省が発表した今年度の「情報通信白書」のICT総合活用指標自治体で、1位を獲得したのが、藤沢市。

その藤沢市のサイトが「電縁都市ふじさわ」。デザインはオーソドックスなものだ。中身は「市民電子会議室」や市の情報がぎゅっと詰まったポータルサイト。行政に関するものから観光までまとまっている。

市民が参加しやすい情報を利用しやすいように。重要なことだ。

続きを読む "地域サイトのあり方" »

2008年10月27日

テキストは大事です

081027.jpgWebサイトにおいて重要でありながら、意外と軽視されているのが「テキスト」だと思う。内容はともかく、「機種依存文字」に関しては、どれくらいの人が意識しているだろう。中には「機種依存文字」を全く意識せず、ブログをたちあげた人もいるかも。

そんな人にぜひ、利用してほしいのが「機種依存チェッカ」だ。機種依存文字に関しては、おのおので調べてほしい。ただ、知っていても、AAを作成しているときに、「これ、使えるっけ?」と確認するのにはちょうど良いと思う。


続きを読む "テキストは大事です" »

2008年10月28日

大体でいいときは

081028.jpgスケジュール管理は細かくするべきか、大体でいくべきか…。人によっては言うことが違うので、結局は自分の動きやすいペースで決めるのがいいと思う。ただ、仲間内での調整は、簡単に大枠で決められるのが理想じゃないかな。

そういった大雑把な管理をするときは「ちょー助」が便利だ。時間ごとに○や×で入れておけばいいのだ。単純に時間あわせだけなら、これで十分。

todo管理やスケジュール関係のサービスって多い。需要が多いのかな。ようは、使いやすいものを利用すればいいのだろうけど、それを見つけるまでが時間かかりそうだ。

続きを読む "大体でいいときは" »

2008年10月29日

英語勉強のSNS

081029.jpg英語の勉強を何年もしながら、英会話はまったくできません!(自慢なの?)そういう人は少なくないのでは。とはいえ、みんな、英語の勉強が好きなのか、英会話スクールは多いし、英語習得の参考書や教材は売れている。

そんな英語を勉強する人たちのSNSが「iknow!」。ここ1年で、会員がかなり増えている。試してみたが、確かに、ヒアリングの問題もあるし、学習の進捗具合も分かる。それに、同じ目的を持った仲間ができるのは大きい。

それにしても、日本人は勉強好きだよね。いや、いいこととは思う。ただ、バランスも考えようよ、という人もいるからね。

続きを読む "英語勉強のSNS" »

2008年10月30日

画像って重要

081030.jpgサイト作成時には、視覚的、デザイン的に画像素材のチョイスはとても重要だと思う。また、トリミング次第で目を引く素材にもなる。だから、実際にアップするときは、ファイルサイズは小さくなるが、加工前はできるだけ大きいほうが選択肢の幅が広がっていい。

フリー素材提供のサイトはたくさんある。だが「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」はタイトル通り、2000ピクセル以上の揃う充実ぶり。また、利用するのに登録、連絡不要、というサービスぶり。

これだけ大きいと、プリントへの利用も可能だから、嬉しい。後は、自己責任で。と、それが一番、大変だったりして。

続きを読む "画像って重要" »

2008年10月31日

携帯の中にもう一人の自分?

081031.jpg携帯の中に自分のアバター、というのは特別、新しいサービスではない。だが、アバターが学習し、こちらに問いかけてくるようになったら、どうだろう。

それが「CLON」だ。名前や呼び名を入力するだけで、自分のクロンが完成。また、向こうからの質問に答えると、答えた人間の性格や好みを理解。また、その内容を毎日「クロン日記」に残してくれるという。

その他、「クロン日記」のコメント欄や「ひとことBBS」で、ほかのクロンたちとコミュニケーションも可能。コミュニティができれば、また世界が広がり、楽しいだろう。自分の分身をポケットに。そのうち、モバイルに向かって相談する人も出てきそうだ。

続きを読む "携帯の中にもう一人の自分?" »

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2008年10月

2008年10月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年09月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。