« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月

2009年01月04日

もやしもんは面白いよ!


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
4日にもなって、何を、と思うかもしれませんが、まだ、松の内なので、良しとしてください。
さて、今日は、久々に本の紹介です。先月からはまっていた「もやしもん」。最新の7巻まで読破しました。樹教授を筆頭に長谷川さんのキャラの変貌振りと1年生3人の成長が本当、面白いです。
お勧めです。

2009年01月05日

全国の情報を収集

090105.jpg新聞は取ってないが、地元スーパーのお買い得情報は知りたい。という人は多いはず。また、スーパーでは、モバイルのメルマガで、登録者にお買い得情報を送信するとか。

だが「全国ちらし情報サービス」なら、ネット上で情報が得られる。しかも、地元だけでなく、全国津々浦々分かるので、便利なことこのうえない。

長期の旅行や出張先で、買い物の計画を立てることもできる。

今日は、今年の初出勤。&初残業。ところで、すこしパターンを変更してみた.。今年は試行錯誤しつつ、ブラッシュアップしていくよ!

2009年01月06日

ポッドキャスト、楽しんでる?

090106.jpgポッドキャストといえば、音声配信としてラジオなどに利用している人も多いと思う。ちなみに自分は利用したことはない。ただ、ヘビーユーザーはいるようだ。

このサービスの魅力は、受け取りだけでなく、自ら配信できるところにあるだろう。その配信サービスを利用できるのが「ポッドキャスト」。情報を音声で発信したい、という人にはお勧めです。

ポッドキャストで個人でDJをやっている人もいるし、テキストだけの情報発信で物足りなくなった人は挑戦してみてください。

6日にもなると、すでにして、お正月気分は0ですね。もう、残業したし。ちなみに、自分はポッドキャストどころか、iPodも持っていません。ええ、だって、W51Sでも結構、楽しめているんです。でも、自分のキャリアでiPhoneが出たら、買っちゃうかも。というか、出して!

2009年01月07日

特化型SNSもここまで!

090107.jpgmixi、Greeは、別として、SNSは特色がないと、ユーザーは増えない。これは誰しも考えること。で、さまざまなSNSが出来、ここでもいくつか紹介してきた。

で、今回は、なんと女性専用のSNS「ウェブカレ」。まず、このコンセプトに驚き、次に、ユーザー数に驚いた。サービス開始、半年で6万人って…。一般SNSならともかく、ここまでユーザーの嗜好がはっきりしたSNSなら、アクションも起こしやすいし、広告コンテンツも作成しやすいだろう。

ちなみに、内容は、というと「『ウェブカレ』では、4人の素敵なボーイズと、あなたが学園生活を過ごしてゆきます。」だそうです(さすがに利用してないので、詳細は分かりません)。

今日は七草粥。ちゃんと食べましたよ。七草というと雅&風流だけど、みんな雑草だよね。ナズナって、ぺんぺん草、て異名を取るでしょう。いや、ハーブだって、同じようなものだ。雑草ではなく、野草、と呼ぼう。野草粥。

2009年01月08日

バズはすっかり広告に

090108.jpg広告業界では、もう当たり前として、展開される、口コミ戦略。専門用語で「バズ」とよばれているが、名前をつけるあたり、広告業界ぽい。もともと、「うわさ」は、強力な宣伝ツールであることは知られていた。それが、Webの出現で、「見える化」したことが大きいのだ。

そんな話はともかく。2,3年前より、代理店がお金を払って、個人ブログを媒体にしていた。ただ、それでも、個人ブロガーは代理店の言い値でやっていた。だが「ビークルー」の場合は、個人ブロガーが値段を設定している。

正直な話、アルファブロガーと呼ばれる人たちのアクセス数はメディア(媒体)と、呼べる、影響を持つ。

西船橋の駅内本屋に立ち寄り。天気予報では、明日、雪だそうです。みんな、早く帰って早く寝ましょう。

2009年01月11日

アマゾンのバナーを追加

アフェリエイトって得意ではない。以前から興味はあったものの、やったことはなかった。とはいえ、そでこアマゾンのウイジェットを作成した。紹介する商品は、織田さんの本に決定。考えたら、知り合いの本を紹介する方が得策だし、このサイト自体、Webサービスの紹介がメインなので、アマゾンで紹介するようなものはない。
今後は、読んだ本の紹介とそのアフェリエイトも始めよう。
それにしても、アマゾンのWebサービスは充実している。何万点という商品をさまざまなウィジェットで、紹介できるようにしているのだ。

最近、WPのユーザが増えている気がする。海外では、多かったものの、日本ではMTがシェアの1位だった。でも、MTの脆弱性も指摘されているし、のりかえようかなあ。その前に4.23に変えなきゃいけないんだよなあ。

2009年01月12日

アルファブロガーが決まる!

090112.jpgアルファブロガー、という言葉が出来たのはいつころなんだろう。昔なら、「カリスマテキストサイト管理人」という名前になっていただろうか。←何年前?

トラフィックが多い、というのは注目されている、ということ。それは、内容的に価値が高い、ということ。そのアルファブロガ-を収集、また、決めるのが「アルファブロガー」である。

まあ、他人のふんどしで、トラフィック稼ごうなんて、せこいんじゃない? などと大人気ないことはいいません。なるほどなあ、と参考にさせていただきます。

3連休、何していたかって?千葉駅にバイク、置いておいたら駐禁を切られた。腹立つ!日本は、自転車とか、バイクの扱いが中途半端なんだから、いけない。バイクもちゃんと駐輪場を確保して!あと、至急、セグウェイを道交法で認めるべき。で、自動車メーカーの新たな産業にするとかしたら、どうだろう。ナイスアイデアだと思うんだけど。

2009年01月13日

イラストブログ

090113.jpgイラストSNSのpixivが話題だ。サービス開始直後から、注目を浴び、会員数を順調に増やしている。最近では、書籍も発刊された。

だから、というわけではないだろうが、「イラストdeブログ」というサービスもある。こちらでは「描いたイラストをコミックにできる」という機能も装備しており、ユーザ数も増えているようだ。

テキスト、イラスト、画像、動画…。PC上で表現できるサービスはことごとく、コミュニティが出来た。次の一手は何だろう?新たな表現のコミュニティか、カテゴリーの細分化か…。

今日は、本当に寒かった。朝、外に出たら、水溜りが凍っていて、畑に霜柱が立っていたり。その一方、朝のラッシュの社内の熱量は膨大になる。ここらへんのエネルギーをうまく使えればなー、と思う今日、この頃です。

2009年01月14日

恋愛メールの書き方を相談できる

090114.jpgビジネスメールの書き方や、英文メールの書き方、メール仕事術などいろいろ紹介されている。特別、気にしたことはないが、PCメールに関しての内容ばかりだったと思う。

今回はそんな、堅実的な内容ばかりではないサイトを紹介。「メルテク」は恋愛に使えるメールテクニックを磨くための、メール評価&レビューサイトだ。確かに、告白メールとか、身近な人には相談できない。ネットなら気軽に相談できるものね。

婚活の次はメールシミュレーションか?そのうち、相手のデータを入れて、告白前に恋愛対策できるプログラムとかありそうだなあ。「ときメモ」現実版みたいな、感じかな。

誕生日が純粋に楽しめなくなるのは何歳からだろう。いや、特別な日ということで、夜のお酒を奮発しました。最近、日本酒がマイブームなので、白川郷のにごり酒を購入。蔵元から、チルド輸送&お店でもきちんと冷蔵庫に入っていたので、これはよさそうだな、と思い飲んでみたら、これが正解!美味しかったです。次は、活酒に挑戦だな。

2009年01月15日

アクセス解析も重要です

090115.jpgWebサイトの作成に直接、必要ではない。だが、ここ数年、運用にとても重要な意味を持つのが、アクセス解析だ。もちろん、アクセスログを解析するツールは10年以上前から、あった。

だが、その重要性、というか、存在の脚光を浴びるきっかけになったのは「google analytics」のおかげだろう。SEOの注目度との相乗効果で一気に利用者数は増えたと思う。

このアクセス解析が、ナンバー1か、というと、疑問符もつくが。ログの収集能力と解析は凄いが、細かいフォローに関しては、手が届かない、というか、160キロの球速を持っていても変化球は投げれない、みたいな。お客様相手に業務で利用するのなら有料の使いやすいサービスを試してみるという手もある。お金があればね。ただ、 analyticsなら無料なのだから使ってみて損はない。


今日、参加したCSSniteのテーマが「アクセス解析」でした。説明にあったのは、有料ソフトの話であったが、それでも「アクセス解析は過去の遺産であある」や「全員で共通認識を持つ」といった、基本的なキーワードは面白かった。で、懇親会に参加したかったものの、職場に戻り仕事。築地の立飲みや「はまんちゅ」で日本酒とおでんを、西船橋でラーメン食べて帰宅しました。寒い。

2009年01月16日

定型文を6ヶ国語翻訳してくれる

090116.jpg翻訳サイトは多くあるし、多国語に対応にしているサービスも多い。ただ、精度のことを考えると、単語やワンセンテンスくらいならば、ともかく、手紙などをまるまる翻訳してもらおうという気にはならない。

ならば、最初から定型分を用意してけば安心でしょう、というのが「マイクの代筆」だ。
内容も出張、取引成立まで、取引成立とトラブルシューティングなど多種多様。まさにビジネスにはもってこい。それに、ドイツ語,フランス語やスペイン語まで対応。謝罪文もあるところが日本のサービスぽいね。

とはいえ、言葉って使い方が難しいので、そのまま、というのは不安である。もちろん、サイトの方でも「例文です」と断っているので、ご利用には気をつけて。

久しぶりに、NHKのデジスタを見た。一時期はよく見ていたが、YouTubeやニコニコ動画を知ってからはその存在は小さくなっており、ほとんど見ることはなかったのだ。だが、やはり、テレビ(とくにNHKだからね)の影響は大きいらしく、デジスタで紹介されて、デザイナーとして仕事が回り始めた、という人もいるようだ。考えてみたら、紹介された時点で内容を評価されているので、依頼する方も安心なのだろう。プロならともかく、市場で魚を選ぶより、魚屋でお勧めの魚を買う方が間違いない、ということだ。なんだかんだといっても、テレビの役割は大きい。と、白川郷の残りを飲みながら思いました。

2009年01月18日

MTのバージョンアップ、どうするか?

MTの脆弱性が指摘されて、早幾月。て、ことはないが、あちらこちらから、「早く、最新版にせよ!」とアナウンスされ、うーん、と考えているところ。自分で出来る人たちはともかく、制作会社に作ってもらい、バージョンアップしたいけど、制作会社が要求してきた予算がない場合、どうするんだろう。
人事ながら、気になってしまう。

それは、ともかく、MT4.2.3のファイルは落としてあるので、あとはアップするだけ。ただ、3.3と4.2じゃ、使い勝手が別物で、困ったことに、データの移行が簡単ではないらしい。

いや、やるしかないな。頑張ろう。

2009年01月19日

導入事例が多くあります

090119.jpgサービス会社がお客さんに商品を売り込むとき、その魅力を伝えるテクニックのひとつに、「導入事例」がある。実は、こんなところで、このように使われているんですよ、というわけだ。それだけで箔が付く。例えば「皇室御用達」というだけで、信用度アップは間違いない。

事例バンク」は、そういった企業のIT導入事例を数多くそろえたサイト。商品を売り込む側にも、購入する側にも、有益な情報サイトであるのは間違いない。

読んでいると「へー、あそこ、あのシステムを利用していたんだ」と思うことも少なくない。一ユーザーとしても、楽しめる。IT事例に特化したポータルは、ニュースサイトしても楽しめる。


「くらやみの速さはどれくらい」(エリザベス・ムーン著・ハヤカワ文庫)読了。文庫なのに1000円もしたが、帯に梶尾真治の推薦文があり、購入。自閉症者が周囲の環境、人間の業向き合いながら、生活していく様子は、愛に満ちた視点で描かれている。そして、ある決断をし、夢へ突き進んでいく様子は、自閉症とは何だろう?と改めて考えさせられる。ぜひ、一読を!

2009年01月20日

ブログの書籍化

090120.jpgブログの書籍化なんて、珍しい話ではない。とはいえ、圧倒的なアクセス数を誇るブログの話であって、一般のブログは、あくまでネット上の発表で終わる。

今回、紹介するのは、ブログの原稿をPDFに変更するシステムとそこから、本にできますというサービス「MyBooks.jp」だ。確かに、MTのデータはタグで囲まれているので、印刷に回すには手間がかかるデータである。そこで、PDFにして、印刷しやすく、という優しさだ。

何気なく付けているブログもたまってきたら、書籍化したくなるんだろう。Frickerの画像データをカードにする、というサービスと考え方は同じ。いずれ、動画サービスにアップしたデータを編集してくれるサービスも出てくるかも。

朝のニュースで「高城剛の結婚」が流れていた。高城剛が結婚したんだね、と言うとかみさんが「沢尻エリカでしょ」と言う。「だから、高城剛が結婚したんだよ」と強調して言う。高城剛、沢尻エリカ、どちらを主語にするか、と言ったら高城剛でしょう。あと、夜は神保町へ。火曜日というのに混んでいたなあ。

2009年01月21日

地域情報の充実化へ

090121.jpgインターネットは、地球を狭くした、という人もいる。が、逆に、地域に関する情報発信が増える、と同時にそういった「地元情報」を重要視する風潮も強くなってきた。

その証拠に、地域のSNSが増え、情報交流が活発になっている、という話も聞く。「チキタビ」は全国47都道府県のイベントを地域別に集約したポータルだ。各地域の体験イベント、プログラムなどが充実しており面白い。

「日本の奇祭」や「昔遊び」など、地域文化の比較できるところも人気の秘訣だろう。地元のイベントへ行くのも良し。奇祭見学に旅行へ行くのも良し。情報のフラット化が進むネット上だからこそ、ピンポイントの情報が貴重なのだと思う。

ジョージアのアップビートを飲んだ。「ちょっぴり元気が欲しいときにおすすめのガラナ配合」という。ガラナですよ。北海道だと人気のガラナ。でも、まあ、特別な感じでもなく、酸味が強く、ほんのり甘い、普通のコーヒーでした。

2009年01月22日

”音”を楽しむ

090122.JPGWebサービスにおいて、「音」って軽視されがちだと思う。いや、iTuneを筆頭に有料音楽配信サイトやネットラジオは盛んだ。ただ、それ以外に、という意味で。

そんな中、「Pioneer Sound Lab」は純粋に”音”を楽しめるサイトだ。各シーンに合わせた音を流しているだけだが、作成しているのが、名だたるメーカーだけに、そのクオリティは賞賛に値する。

お寺の鐘の音やジェット機の音、街角の喧騒など、こういう音を流しておくのも一興だ。

今日は健康診断で聖路加タワーへ行った。聖路加タワーって遠くから見ても大きいけど、近くで見るともっと大きい。展望台から眺める下界の風景は格別である。

2009年01月23日

実生活に役立てたい「国民生活センター」

090123.jpg生活上のちょっと困ったことで、警察へ行くほどでもなく、かといって関連部署に講義するのも、というときに相談できる独立行政法人がある。

それが「国民生活センター」だ。国民生活センターは、「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うこと」を目的に作成された団体だ。のっけから、サイト紹介文のコピペで申し訳ないが、中途半端な知識で説明するよりは間違いないかな、と思い紹介しました。

しかし、内容は見逃せない項目が並んでいる。ネットが普及したところで、自分にとって重要なニュースが報道されるわけではない。だから、ここを定期的にチェックするといいのではないかな、と思うよ。

その昔、「紙パックの日本酒を飲むようになったら、人としてダメだな」と思っていた。で、今は、その「ダメな人」になってます。すいません。会社帰りにコンビニで、「ビールや焼酎、ワインの気分じゃないなあ。300mlくらいの日本酒を買うなら、ディスカウントの酒屋で美味しいのを買うんだけど、この時間じゃやってないしな。は!ここにはパックの日本酒が、しかも100円だ。いや、でも、これを買うのは…」という葛藤の後、購入。

2009年01月24日

日本酒とグルメマンガ

せっかくの週末なのだから、「日本酒」である。昨日の口直しではないが、今日は「やまや」で少しだけ奮発して活性原酒を購入。「どぶろく」も興味あったが、今回はこいつだ。ワイン好きはラベルのコレクションをするらしいが、自分はマメじゃないので、写真に収める。ゆっくり、かき混ぜ、静かにコップに注ぎ口に含む。

美味い。

かすかな発泡が口の中を刺激して、ほのかな甘みが広がる。それでも、アルコール度数は、15度もあり、すぐ体が熱くなる。2杯目からは、亀田の「柿の種」をつまみながら、オンザロックにして飲む。

ワインだ、カクテルだ、とはやしたてるのもいいが、日本人なら、やはり「お酒」だ。
あと、「孤独のグルメ」(文庫版)読了。日本酒には、やはり、こういう「市井グルメ」本がぴったりだ。
MT4.2.3のインストール成功!ぱちぱちぱち!!

2009年01月25日

「ベンジャミン・バトン」はフォレストガンプの夢を見るか

映画「ベンジャミン・バトン」を見てきた。カミサンが試写会に応募して当たったのだ。「80歳で生まれ、若返っていく、数奇な人生」というキャッチコピーを聞いて、梶尾真治の「遡時人」を思い出した。これは、主人公の男性と逆の時間軸を生きる女性が現れる短編小説である。
同じようなことを考える人がいるんだな、と思った。

映画は生まれたときに80歳の体質を持った赤ちゃんが、年齢を重ねる度に、若返るという生物界の法則を無視した設定である。だが、主人公のベンジャミンが生まれた1918年を皮切りに、第2次世界大戦、ヒッピー、大企業の台頭といったアメリカの歴史を背景に使いながら、一人の女性との愛を描いた物語は、そんな矛盾を感じさせない素晴らしい作品に仕上がっていた。

ただ、まあ、後半、この設定って「フォレストガンプ」だな、と思ったら、脚本家が同じだった(ということは、あの羽がこの映画ではハチドリになるのかな)。ハリウッドもたまに自国の歴史を振り返るよな。
2時間48分という長丁場の映画だが、最後まで飽きることはなかった。
「いやー、映画って本当いいですね」(水野晴夫風に)

2009年01月26日

気になることは「ATODESHIRABERU」

090126.jpgWebをみている最中に気になるページを見つけたとする。ただ、今、そのページを読む余裕はないので、後でゆっくり読もう、と考えたとき、どうしますか。また、思いついたことをちょっと書き留めたり、後で検索しよう、と考えたとき、どこにメモしますか?

そういうとき「ATODESHIRABERU」は便利だ。


その昔、「紙パックの日本酒を飲むようになったら、人としてダメだな」と思っていた。で、

農園の有効利用を考えて

090127.jpgここ数年、園芸ブームらしい。畑を借りて、週末は野菜作りに励む、という人が増えているようだ。その一方で、農業を続けられなくった農家が土地を手放す、という現状もある。

その需要と供給をうまくバランスを取ろう、というのが「農園検索サイトタガヤシ」だ。空き農園の情報を、週末農家や兼業農家に提供できれば、という思惑だ。

まだ、情報は少ないようだが、継続して、充実させてほしい。政府も食料対策にもっと、休耕地の有効活用を考えるべきじゃないのか!と熱く語ったところで、輸入品に頼って生活している身では説得力ないか。

朝、寝坊した。おそらく、夕べの日本酒のせいだと思う。どうも、月曜日は忙しい。早く帰ろうと思っても会社に遅くまでいてしまう。会社の札幌出身の人と話をした。厚別区にサッカー場がある、と聞いて、へーと思ってしまった。

2009年01月27日

女を試せるコンテンツ、「女試し」

090127_1.jpg人間って、占いが好きだと思う。また、日本人は、資格、検定、段、階級が好きなような気がする。これは国民性だろう。横並び意識が強い一方、そこから脱却せんがためのクラス分け、という気がする。

占いや検定とは違うが、女性が自分のポジション確認として試せるのが「女試し」だ。しかも、男性の意見を反映して、と明記しているあたり、女性の意識は強いだろう。これは、男性にもいえると思うが、「異性の判断」というところがポイントだと思う。これが同性だと、洒落にならない面も出てこないともいえない

こういった「判別コンテンツ」も理由付けによっても、とても魅力的なコンテンツになる、といういい例だと思う。真似しなきゃね。

今日は、会社のKさんと一杯してきた。焼酎を飲みながら、ヒップホップ、「8mile」の話で盛り上がりました。また、連れて行ってもらったお店の鶏肉は本当に美味しかったです。

2009年01月28日

新商品、新サービスの紹介サイト、PRONWEB Watch

090128.jpgニュースリリースは企業にとって大事なPR戦略の一環である。とはいえ、新商品が次から次へと現れる現代、マス媒体に取り上げてもらうことは難しい。だからこそ、企業は自社サイトでそのPRをする。

その一方、消費者は新商品に敏感である。その両方のニーズを埋めるのが「PRONWEB Watch」だ。新商品、新サービス情報サイト、といったところ。

最近、ニュースリリース系のサイトが増えているような気がする。コンテンツとして、ネタがないので、他社の発信情報(新製品、新サービス)をニュースとして収集し、ポータル化を目論んでいるのだろう。

「君たちに明日はない」(垣根涼介)を読了。リストラ代行、という本当にありそうな会社に勤めるサラリーマンの話。主人公の、仕事では几帳面な反面、どこかでお気楽な面を見せる演出は上手い。また、テーマとなっている「リストラ」も他人事ではないので、登場人物たちの気持ちはよく理解できた。山本周五郎賞受賞をしているだけあり、テンポよくあっという間に読み終わった。

2009年01月29日

伝統を記録・保存する伝統芸能データベース

090129.jpg伝統芸能をデジタル保存しよう、という運動が以前からあるのは知っていた。受け継ぐ相手がいなかったり、保存が難しいものをデジタル化しよう、という動きだ。

そういった動きの中心になっているのが「伝統芸能データベース」。デジタル文化ライブラリー、ユネスコ無形文化遺産など日本の伝統芸能に関して、いろいろ知ることができる。また国立劇場の図書・資料検索がネット上で閲覧できる。

この方法に抵抗を覚える人も少なくないかもしれない。だが、形はどうあれ、残すことが大事だと思う。

月末と週末が重なって、ばたばたです。ゆっくりお酒が飲みたいです。

2009年01月31日

新書を購入する前に~新書マップ

090131.jpg場所もとらず、気軽に購入でき、またテーマも多彩。そんな理由で7,8年前から新書が注目されている。版元も多いし、刊行点数も数え切れないほど多い。

だが、何か読みたい、でも何を読んだらいいか、分からない。という人にお勧めなのが「新書マップ」だ。キーワード、もしくはテーマから、関連の新書が検索できる。例えば「女にもてる方法」で検索すると「現代の女性」「いい男」「日本の古典文学」「ロボット」「リゾート」と(後半は良く分からないが)いったテーマが抽出される。

そのテーマに関連する新書が、ピックアップされ、推薦される、というサービス。また、関連カテゴリーへのリンクも貼ってあるので「ロボット」から「アニメーション」のカテゴリーへ行くこともできる。「キーワード検索」を有効に利用したサービスであると思う。

昨夜はタモリクラブスペシャル、というので、日本酒とチーカマを用意して、楽しみにしていたのに、過去のダイジェスト版だったので、ちょっと肩透かし。なんか世間で「ガラスの仮面」が盛り上がっているような。

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2009年01月

2009年01月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。