2011年 新聞・テレビ消滅

NO IMAGE

インターネットの発達で既存メディアが崩壊する-。この手の書籍、記事は数多く、読んできた。だが、この「2011年 新聞・テレビ消滅」は今まで読んできた中で、最も具体的かつ現実的な内容であった。
何よりも、既存のマスコミのビジネスモデルを丁寧に解析しているのが分かりやすい。例えば、今までの新聞社のビジネスモデルは
「コンテンツ=新聞記事、コンテナ=新聞紙面、コンベヤ=販売店」
とし、さらに、ネット企業との収益方法の違い、現状

また、新聞社を筆頭に既存のマスメディアが「マーケティング」をおざなりにしていたかを指摘。これは、以前、出版社にいた自分にとっても耳の痛い話であった。
そして、メディアとして、マスは終焉しミドルに移行するという佐々木氏。マスの終焉が情報産業に何をもたらすのか、非常に気になる。
ぜひ、読んで欲しい一冊だ。

エッセイカテゴリの最新記事