無名の職人に光をあてた一冊 -サービスの達人たち[野地 秩嘉(著)]

無名の職人に光をあてた一冊 -サービスの達人たち[野地 秩嘉(著)]

サービスの達人たち (新潮文庫)
読了。面白かった。上質なノンフィクションを読むと、心が洗われる。
だが、元ライターとしては、この原稿を書くための取材量に驚いてしまう。一冊の単行本ならばともかく、雑誌の記事原稿に取材対象一人のために多くの時間を費やすのは並大抵のことではないだろう。その行動力にも脱帽だ。
下手な解説をするより、とにかく読んで、と言いたい一冊だ。

エッセイカテゴリの最新記事