« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月

2010年07月04日

久々にもろもろ

ひさびさのブログ更新。
覚書。

先週末、PCクラッシュ。今も直らず、これは予備のダイナブックで更新。
というか、もう新しいの購入しなきゃだめだ。
次はデスクトップにしよう。

幸い、データは外部HDに取ってあったから良かった。


EVANGELION 「破」を見る。面白い。
知人が興奮して、見ろ見ろいう理由が分かった。
TV版とは違う展開で、これはQも期待できそうだ。
こういうクオリティの高い作品が定期的に見られる
日本のオタクは幸せだ。

2010年07月11日

出版とITと…の1日

昨日は久々のイベント2連戦に、帰宅後は、ビール飲んで「踊る大走査線」みて寝てしまった。
国際ブックフェアは、大手版元のPR会場と化していた。4,5年前は、地方の出版社や編集プロダクションも出展し、本当の交流の場であったが、その風景は見られなくなりつつある。
むしろ、「版元ドットコム」、「本が好き」など、周辺ビジネスの方が元気良かったように見えた。
周辺といえば、同会場で開催されていた「デジタルパブリッシングフェア」。時流の電子書籍に関する話題には多くの人が関心を寄せており、見本の展示品(基本的にはiPad)には人の波が途切れることなかった。
実際、自宅の居間で雑誌を読むのに、iPadはうってつけだと思う。
雑誌というパッケージ自体がiPad(というかスレートPCというべきか)に向いていると思う。

午後からは、知り合いの出演した「Windows7 おバカアプリ選手権決勝戦」へ。アプリの内容もそうだが、むしろ、司会の突っ込みの方が受けていた。にしても、マイクロソフトがスポンサー(審査員に執行役も参加)にも関わらず、プレゼンマシンがマックだったり、アイコンにペンギンを使ったり(それ、他のOSのキャラじゃん)という緩さもこういうイベントならではだな、という感じ。
とはいえ、各部門で大賞を取ったアプリだけに、アイデア、技術ともにハイレベル。で、この後、MSのソフトに採用されてもおかしくないものもあった。
なんだかんだいって美味しいところもって行くんだな、MS。

2010年07月18日

モバイル、スレートPC、PC

今週は、営業になってはじめての山場、「アカウントプラン」があり、15日までは余裕のない日々。
その後、16日(金)は息抜きに神保町(ラドリオ)へ行き、懐かしい顔ぶれに思わぬ長居をしてしまう。
17日(土)は実家へ。18日(日)は秋葉原散策と夕方から泉君と呑み。

iPadが出てきて以来、本格的に動いている電子書籍。それにともなって気になっているのが、「Webマガジン」だ。もともと、雑誌制作をやっており、一時期はWebマガジンに関わる仕事もしていた身としては、紙でできない表現をWebマガジンでは実現し、収益をきちんと確立してほしい、と思っている。

キンドルは電子書籍、スレートPC(含iPad)はWebマガジン(含コミック)のプラットフォームとして最適だし、これらの機器は、PC以上に使いやすいので今までPCに関心のなかった層までに浸透すれば、パイは広がる。

携帯は外出するとき、家ではスレートPC、というライフスタイルが定着すれば、新聞、雑誌の作り方もがらりと変化するはず。
と同時に、Webサイトのサービスも変わっていくかもね。


2010年07月21日

自動的にバナーを作ってくれる-Hyper banner Maker

久々にサイトの紹介。
バナーを自動的に生成してくれる、その名も「Hyper banner Maker」
100720.jpg

コンテンツ制作のためのサービスがさまざま生まれているなあ。
あとは、必要なのはセンスだけか。

2010年07月25日

トマト初収穫

100725.JPG夏到来、を感じさせるトマト初収穫。
現在、何冊かの本を平行して読んでいるのだが、どれも終盤にかかりながら読了までいかず、何かもどかしい。今週は読み終えよう。
BRUTUSのジブリ特集が売れているようだ。
今日、バイクで炭酸水を買いに行く道すがら、「家にアイスコーヒーも麦茶もある。が、さっぱりしたものがほしいときように炭酸水を買いにいく。日本人って贅沢になったものだ。それがいいとか悪いとかではなく、そういう暮らしになれてしまったのだ」と考える。
ただ、それだけなのだが。

2010年07月28日

電子書籍作成、販売も対応できる-パブー

puboo.jpggoogleとYahooの提携が話題となっている今日この頃。それについて書こうかな、と思ったけど、やめた。
久々に、Webサービスの紹介。

Pubooは、ネット上で本を作成できるサービス。しかも、電子書籍に対応できるように変換してくれる。
さすがpaperboy&co.だ。
基本的には、ブクログの一サービスとしてあるようだ。それにしても、書いた原稿を本(形式)にし、PDFやePubに変換してくれるのは、凄い。
(ePubはGoogle、Apple、Adobe、ソニー、B&Nなど電子出版関連事業を手掛ける各社が採用した電子出版フォーマット)

また、自分で販売価格を設定できるのだから、今後、プロの文筆家が、発表の場として利用してもおかしくない。
そのうち、同人誌も電子書籍化するのだろうか?

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2010年07月

2010年07月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2010年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。