電子書籍

NO IMAGE

というタイトルだと、検索に引っかかりやすく、アクセス数があがるかな。
今年の流行語大賞にノミネートされてもいいんじゃないかと思うほど、「電子書籍」ブーム。とくにiPadの発売に合わせ、関連書籍が多数、発売された。
最近では、雑誌でも特集が組まれることが多い。それもPC雑誌のみならず「ユリイカ」「編集会議」といった雑誌でも特集を組んでいる。
その切り口もさまざま。ユリイカは作家にとっての電子書籍の存在、編集会議は、ビジネス的な展開に関して解説しており、面白い。
これだけ盛り上がっている、電子書籍だが、版元の新たな収入源となるには、まだ課題が多そうだ。
今の状態はインフラを担うシステム会社のアピールと出版社の期待が交じり合った熱気にも感じる。
そして現在の出版業界は自動車業界と似ているような気もする。
ガソリン自動車から、電気自動車へ移行の過渡期で、既存の企業とベンチャーが入り混じり、シェアを争っている状態。出版業界も、システム会社の存在感が増したり、版元の提携が盛んになるなど、業界再編が起こっている。
個人的には、電子書籍にもっとビッグタイトルが並んでほしいし、活性化してほしいと思う。
京極夏彦の「死ねばいいのに」や紙の本が売れた「もしドラ」が話題になったが、その後、電子書籍でのベストセラーというニュースは聞かない。
また、価格も電子書籍だからといって、必要以上に安くする必要はないと思う。紙の本を読む人は、それが電子書籍でも、必要と思えば購入するだろう。
ただ、紙と同じ価格というわけにはいかない。多少、安くする必要はあると思う。逆に紙の本を高価格にし、電子データを付属してほしい。
あと、「紙の本、なくなる?」という意見もあるが、それは絶対ない。ただ、紙の本が嗜好品に近くなるのではないか。実用系は電子書籍で、小説は紙の本で、という流れになると思う。
実際、電子辞書の市場は年間600億とも言われている。
何はともあれ、コンテンツなくして電子書籍の活性化はない。
それにしても、「紙の本」と書くのはなんか変な気がする(本=紙という意識があるから)。あと、書きながら思ったのが、出版業界=電子書籍、というわけでもないんだろうな。
この話題に関しては、また改めて書きたい。
あ、wp導入計画が進まない。

本(電子書籍、漫画)カテゴリの最新記事