俺はもう来てると思う-電子書籍の時代は本当に来るのか[歌田明弘(著)]

俺はもう来てると思う-電子書籍の時代は本当に来るのか[歌田明弘(著)]

「電子書籍の時代は本当に来るのか」読了。
単純に出版としての電子書籍の可能性ではなく、新聞、雑誌を初めとした紙メディアの存在意義、著作権に関して取り扱った一冊だ。
とくに、グーグルの書籍の電子化事業に関してはその歴史的背景から、行く末までかなりのページを割いて検証している。それにしても、グーグルの図書館の蔵書の電子化プロジェクトの凄さを実感する。また、この本を読んでいると、電子書籍のきっかけとなったグーグルブックスといい、キンドル、iPadといい、アメリカからの流れが日本市場を席巻しているな、と深く考えさせられる。

今、坂本竜馬ブームで幕末ものが注目を集めているが、出版業界こそ幕末という状態なのか?ま、それは言い過ぎとしても、紙の本の市場が縮小し、ニュースが無料化している今、ネットとマスコミの共存方法を真剣に模索していくべきだと思う。

それにしても、本当に電子書籍の時代は来るのか?
今年は異様なほど電子書籍と騒がれているが、その割にはたいしたことはなかったな、ということになりそうな気がする。ただ、それでも徐々に変化は訪れているのは間違いないので、それに随時、対応していく体制は必要だと思う。

ノンフィクションカテゴリの最新記事