« 2011年02月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月

2011年04月07日

久々の更新

久しぶりの更新だ。
最後が2月なので空白の60日、といったところか。

この間は、jive を利用して、Twitter、face book 、mixi につぶやいてました。

4月に入り、心機一転。ブログの更新も再開します。

今週末から、畑も始まるし、立ち呑みも行きたいし、本も読みたいし
スマホもいじったり、サイトのリニューアルもしたいし、と
やりたいことが多いのです。

ただ、多すぎて共倒れになるので、絞って集中しよう。

と決意して今日はここまで。

2011年04月09日

週末は畑にいます(2011.4.9)

今年は、念願の畑を借りて野菜つくりへ。
と、そのためにいろいろと探していたとき、見つけたのが「週末ファーマーズ倶楽部」。
先週、初めて見学へ訪れ、いろいろ話を伺った。

2010年発足とスタートして間もないこと、参加費は無料で様々な体験ができること、周囲の風景が素晴らしいこと、今年からは貸し畑も開始したこと、また雰囲気がいいこと(あくせくしておらず、ゆるーい感じでマイペースでできそうだな、と感じたこと)で参加を決定した。

今日は、16日のイベント「ブルーベリーの苗木植え」の準備。小雨が降っているので、ハウスの中での作業となった。助かった。
作業の内容は、挿し木で成長したブルーベリー(4年目だそう)の木の植え付け準備。ポットに入った苗木の根元の雑草抜き、苔むしり、枯れた枝の剪定。
剪定は、本職の方にやっていただいたのでこちらはひたすら雑草抜き、約100個。
また、本職の方に剪定のポイントを教えていただく。同じ向きに伸びた枝は元気な方を残して切ること、云々。感想としては、結構、思い切って切ってしまうんだな。
でも、植物は次々へと伸びてくるからちょうど良いのかもしれない。 

その後、雨の降ってない隙を見計らって、畑へ。これが広い!
DSCN2209.JPG


トラクターで耕し済みなのでふかふかになった畑へ牡蠣ガラと豚糞を撒く。満遍なく撒こうと思うものの最初はムラができてしまう。

それでも全部撒き終え、再びハウスへ戻って、続いて50個の植え付け準備。


こういった作業も一人だと大変だと思う。でも、ここには、同じ農作業好きの仲間がいて、他愛のない話をしながらやるから、ちっとも辛くない。

苗木150株の準備と畑の手入れを終えて、今日は終了。

DSCN2213.JPG

10時からはじめた作業は、約2時間半で終了。でも、あっという間の2時間半だった。

その後は、貸し畑の契約申込み。

来週以降は、自分たちの区画も考えなきゃ。

2011年04月12日

植物の春ですよ、人間の春は?

先月の大震災から1ヶ月たとうとしているのに大地の揺れは止まらない。
大地の神が怒っているようだ。

さて、朝晩冷えるな、ということもあるが桜も満開となり、春である。

プランターに植えたチューリップも咲きそろった。
スナップエンドウは葉を食われ、茎をかじられながらも、花を咲かせ、実をつけはじめた。

今年は、ミントが復活しそうで、期待大だ。
株分けしたレモングラスは、畑に持参して露地栽培する予定。
ネトリもここ1週間ほど、ものすごい勢いで葉を茂らせている。うまく摘んでドライハーブに挑戦したい。

冬静かだった庭は、春になり植物が活発に動き出し嬉しい。

否定したいが、実際のところ、原発の周囲は、当分、人は住めないだろう。
だからといって、放置しておくわけにも行かない。
植物を植えて、浄化してもらうしかあるまい。
「ナウシカ」のように。

ダメだろうか。

2011年04月15日

青空文庫で本が欲しくなる

青空文庫というネット上の図書館がある。著作権の切れた作品や自由にしていい原稿を無料で読める。著作権の切れた作品に関しては、ボランティアがデータを打ち込みアップロードしている。
実は、最近、IS03で青空文庫の作品を読めるアプリ発見。通勤電車の中で読んだりしている。この話をすると「本が売れなくなる」という人がいた。
確かにそうだ。だが、それよりも本屋にいかなくとも、様々な古典作品に出会えることの方が大きい。また、無料なので気軽に読み始められるのも素晴らしい。

それにいい作品を知ると紙の本で手元に欲しい、と思う。
最近では、北大路魯山人の「お米の話」が面白かった。健啖家として有名だった魯山人らしく「いい料理人はお米も上手に炊けなくてはいけない」という話は説得力があった。

この作品も青空文庫がなければ、出会うことはなかったと思う。それに「お米の話」を収録した文庫本があれば買っても良いかもと思う。

青空文庫は、貴重な知の図書館だと思う。

2011年04月16日

週末は畑にいます(2001.4.16)

今日は土曜日なので週末ファーマーズ倶楽部。
自宅からカリフラワー4株、レモングラス4株、ミント1株、ラベンダー1株をバイクのかごに摘んで水砂コミュニティーファームへ向かう。

倶楽部活動はブルーベリー苗植え付けとピザ焼きイベントの手伝いだ。
ファームに到着したら、長靴に履き替え、先週、草むしり&剪定した苗を早生、中生にそれぞれ色の違うビニールテープを巻く。畑で見分けが付くようにだ。
今日は、ファーマーズ倶楽部運営を行っている柏原さんと初対面。想像していたほどごつくはなく、もの静かな印象を受けた。

先週、肥料を施した畑にピートモスとメジャーを持って移動。ブルーベリーは酸性の土を好むので、苗の周囲に3枚づつ、囲むようにピートモスを置くのだ。株間は2メートル取るため、メジャーで2メートル計り、目印の棒を差していく。
やがて、イベント参加の人たちが到着。
約150株のブルーベリー苗を皆で植えていく。

DSCN2243.JPG

その後は、にんじん、玉ねぎの畑に移動。横田さんの指導の下、スコップを利用してにんじんを収穫。上の葉の大きいのを狙って抜くが、意外と割れている。また、玉ねぎはスコップでなく手で抜くがこちらも割れているものがある。
普段、市場で見ないが、こういうものもあるんだな。野菜関係の本を読んでいてもこういう話は出てこないし、まだまだ知らない事だらけであることを痛感する。

それとこの畑では雑草取り。野菜のすぐ脇に生えているやつは抜くのに気を使う。

それでも人通り終えて、ピザ焼きへ。
釜に火をおこし、生地にケチャップやホールトマトなど好きな具を載せ釜に入れる。釜の中は強火なのであっという間にピザが焼けて(焦げて?)いく。
最後は、チャイルドフラワーのイチゴで作ったジャムとイチゴが載ったデザートピザまで登場。ここの名物メニューだね、という話まで出た。

DSCN2253.JPG

さて、楽しいイベントの時間も終了。

ちょっと休憩して自分たちの作業へ。持参した苗を大き目のポットに移し替える。植え付けまでハウスの中に置いておけば横田さんが面倒を見てくれるという。感謝感謝である。

その後、畑に脇に生えているタンポポを抜きに行く。実は、タンポポコーヒー作りに挑戦したく、根っこ集めをしようと思っていたのだ。とはいえ、畑の脇の土は固いし、根も長く、抜いている途中で折れたりして苦労した。それでも5、6本は収穫したか。

これを洗って炒って砕いて、という工程があるんで、タンポポコーヒーは高価なんだな、と納得。

他にも、ヨモギを摘んだり、借りた畑の状態も見ようかと思ったが、夕日が迫っていたので今日はここまで。
スタートから焦っても仕方ないよね。

というわけで、来週の倶楽部活動「マルシェで売り子」も楽しみにし、帰途についた。

2011年04月23日

週末は畑にいます(2011.4.23)

今日は産直市場である西千葉マルシェに参加。前日の予報は雨。実際、6時前に朝起きると、すでに降っている。Facebookのコミュニティチェックすると開催決定ですでに現地移動の書き込みが。
7時半に西千葉なので、7時前に家を出発。雨なので電車。
「西千葉マルシェ」は西千葉駅の南口約100メートルほどの通りに県内の様々な生産者さんが露天を開く朝市。

週末ファーマーズ倶楽部では、チャイルドフラワーのいちご、ミニトマト、大豆、食用ほおずき、朝採りたけのこの他、花、野菜の苗をメインに、イチゴの苗を義援金用に出品。他に、被災した福島の農家が千葉に移住し、千葉で農業をスタートした農家の野菜苗、八街の有名な古川さんの大根や落花生も並べる。
雨は降ったりやんだりの繰り返し。そんな中、イベントとして買い物をしにくる人、通りがかったついでに買っていく人、様々な人がテントの中をのぞいていく。

たけのこが一番人気でオープン後1時間ほどで完売。トマト、いちご、手作りイチゴジャム、大根も順調に売れていった。その他、イチゴの苗やバジルの苗、花も意外と売れていく。野菜はともかく、花や苗は説明が難しい。花に関しては、聞かれたら横田さんにパス、というのが正直なところ。イチゴやバジルの苗なら知っている知識を総動員して納得して買ってもらうよう工夫する。

途中からは、その古川さんも合流。自家製味噌(お客さんには手前みそ、といって売っていた。この人は売るのも上手だ)や乾燥しょうが、といった加工品も持ってきて売っていた。

それにしても、商品の説明して、注文をもらい、袋に入れて、おつりを渡して、と単純なようで奥が深い。売ることは作ることと同じくらい大事なこと。それだけに今回のマルシェは大きな経験だった。
あとは、カミサンの接客が秀逸で他のメンバーから「経験者?」と聞かれた。いや、接客経験はほとんどないし苦手なはずなんだけど…。

そうそう、持参した家のローズマリーも売れました。素直に嬉しかった。次回までには家でもいろいろ創って持参して売りたいな、と。


2011年04月24日

週末は畑にいます(2011.4.24)

昨日、マルシェで作業が出来なかったので、今日は畑へ。
ハウスへ行き、先週置いておいたブロッコリー、ミント、レモングラスの株を確認。ハウスの中なら暖かいのでレモングラスは新芽が出ているかな、と期待していたのが様子変わらずで、あら? という感じだった。
この日は、以前、ベジタブルガーデンで購入したコリアンダーともらったパセリの種(自作の種子)を紙ポットに植え付け。
コリアンダーの種は割って濡らしてからポットへ。本当は半日ほど水に漬けるのが理想。パセリは、そのまま。コリアンダー15、パセリ4つ準備できたものの、さて、このうちいくつがちゃんと育つか。

DSCN2285.JPG

その後は、畑に出て植える場所の確認と草むしり。うーん。狭い庭でしか作業したことないので、こんな広い場所だと、どうしていいか途方にくれるね。

DSCN2290.JPG

2011年04月29日

週末は畑にいます(2001.4.29)

さて、今日は、朝からIKEAで会議。その後、ハーブガーデン用の投資(苗を購入)。市川にある「大川原梅園&ハーブガーデン」へ。
エキナセアのルビースターとラッキースターを一株づつ購入。さらにジャーマンカモミールを3株購入。ホームセンターではローマンは見てもジャーマンが見当たらない。
その後、津田沼イオンに移動し、ルッコラとバジルの種を見ていたところ、なんとジャーマンカモミールの種も発見。
ああ、もっと早く気づいていれば、種から作ったのに。種なら200円でたくさん作れるけど、苗はひとつで200円だからね。
投資は出来るだけ抑えて、見返りは大きく。

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2011年04月

2011年04月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年02月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。