« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月

2011年07月03日

週末は畑にいます(2011.7.2)

今週は激動の1週間だった。
「激しく動く」と書いて激動だけどまさにそんな感じだった。
まあ、仕事

土曜の朝、起きたとき、軽くふくらはぎが張っている感じがした。疲労が抜けきっていない証拠。だが、逆に気持ちは軽い。
今日の共同畑のメイン作業は、「雑草抜き」
雑草抜き鎌でざくざく、掻いて回る。電動鎌も出動して畑の周囲の雑草狩も。

キャベツ、ナス、トマト、きゅうりの収穫。というより、毎日、取り頃の実がなるので、熟して落ちる前にとってしまう、という寸法。
トラクターで収穫跡地の地ならし。
これで午前中が終了だ。

で、昼食後は、自分たち区画へ。
実は先日、横田さんに「ハーブガーデンの土が固いので土壌改良をしたい」と相談したところ「有機系の堆肥がいいでしょう」とアドバイスをもらったので、昼食後、近くのホームセンターで堆肥を購入。
今回は、バーク堆肥とミックス肥料をどかんと購入。ついでにステビアの苗も購入する。

DSC_0110.JPG


そして、ガーデンの一番手前の列に堆肥を撒き、返す、撒く、返す、の繰り返し。
ミックス肥料も半分くらいまいて混ぜる。
ステビアを植え、ガーデン区画は終了。
来週は残りの場所も堆肥を混ぜよう。7月の目標は土壌改良となりそうだ。

そうそう、こんな状況でも、レモングラスは順調。さすが熱帯産のハーブだけある。
土がこなれてきたら、またいろいろ植え替えよう。

先週に比べ、バジルがぐんと成長している。
しかも、虫に食われていないきれいな状況だ。
おおお、収穫時期だね。

DSCN2666.JPG

ついでに、ルッコラも両手いっぱいに収穫。
暑いものの、曇りだったので、なんとかしのげた感じだが、それでもTシャツだったので腕が焼けた。

来週以降は、暑さ対策も考えなくちゃ。

2011年07月10日

週末は畑にいます(2011.7.10)

7月9日(土)は、畑ではなく浦安の朝市へ。
暑い中、テントを張り、野菜を袋につめて販売体制へ。

暑いせいか、キュウリが良く売れる。次は「食べるほおずき」。
意外なことにトマトがあまり動かない。ジャガイモは、まあ、こんな感じかな、という売れ行き。
値段的には、地元の西友よりだいぶ安いんだけどね。

今回は、育てたレモングラスとバジルを収穫してもらい、販売に挑戦。
結果からいうと、バジルがひとつ、レモングラスは0であった。
ともに鮮度がよくない、ということもある。バジルは黒くなっていたし
レモングラスも色が濃くなっていた。

もっとお客と話をして説明しなきゃいけないな、というのを強く感じた。

販売で1日が終了したので、日曜日は畑へ。土壌改良のため、堆肥をまく。
ルッコラが大きくなっていたので、残りもすべて収穫。
バジルも芽を摘んだ。
暑いので1時間で作業終了。

それでも、畑は影に入れば居心地良く、作業は楽しかった。
これで、作物が売れるともっと楽しいんだけどな。

2011年07月16日

週末は畑にいます(2011.7.16)

昨日から夏休み。それとは関係なく、週末は畑へ。
畑には潅水用のパイプが引かれており、今日は散水用のスプリンクラー設置や、各種野菜の収穫や芽かきを行う。自分はなす、キュウリ、トマトを収穫。大きくなりすぎたものもあり、収穫時期のタイミングの難しさを実感する。

ともかく暑い。じっとしていても汗をかくというのに、炎天下で動くので汗が止まらない。こまめに休憩しつつ、「熱中症対策水」を飲んで体調管理。露地が終わったらハウスへ行ってピーマンと甘長の収穫。
ハウスの野菜は傷んでいるものが目立った。

収穫終了後は露地に戻り、つい最近植えたキュウリ、トマトのハウスの支柱たて。今、植え替えたということは収穫は、夏の終わり?

外の作業終了後は出荷所へ行き、今日収穫のパッキングに挑戦。そこでは、大きさや状態を選別し、袋つめ。そこでは、大きくなりすぎたキュウリや皮に傷のついたナスを皆で、これはどう、それはOK?と確認しながら作業。そして、見た目に難点がある野菜を「食べて問題はないんだけどねえ」と言いながらよける。そう、うるさい消費者の目を意識してしまうのだ。
こうういった経験も、ただ畑で野菜を見ているだけでは分からなかっただろう。

DSCN2698.JPG

一通り終了後は、自分区画の手入れに着手。
バジルを収穫して、お約束の草取り。みれば、ししとうの実が赤くなってる。熟れすぎ?急いでもいで畑の肥やしに。もっとも色の変わってほしいカラーピーマンは大きくなるだけで変化なし。
ルッコラの跡地を掘り返したほうがいいんだろうけど、今日はパス。なお、かぼちゃは迷惑なくらい勢力を伸ばしている。
ガーデンコーナーへ移り、レモンバウムを移植。ネトリがワサワサになっていた。ローズマリーも完全に根付いたようで新芽が出てた。良かった。
エキナセアは毎週新たな花を提供してくれ、ヤロウも初の花が咲き、ステビアが枝を伸ばし、徐々にガーデンコーナーを埋めていく。
先週撒いた堆肥も馴染んだだろうし、そろそろいろいろな苗を植えても問題ないかな。

2011年07月27日

週末は畑にいます(2011.7.24)

土曜日は、イベントとして「大草むしり大会~そして想定外の指導係~」の巻。だったので特別なし。ただ、畑の作業は「数の勝利」ということを実感した。畑にのび放題だった雑草も、大人数でどんどん抜いていき、小一時間ほどで終了、きれいさっぱり、となっていた。

というわけで、24日は畑を見てみたいという友人を横田さんに紹介。いろいろな話をしてもらい、「食べるほうずき」「神里」「すいよう」など新種の野菜の話を聞き、お土産までいただく。
最近、横田さんから新しい商品(野菜)を紹介されると、どうしたら、世間に認知されて売れるんだろう、と考える。草取りじゃないが「宣伝も物量作戦」がベストなんだけど、と思いつつ、情報の流れ方が昔と違う今は、「情報を流す」よりも「情報をシェアする」という考え方が有効なんだろうな、と思い至る。
いや、大資本さえあれば、それを利用して宣伝しまくるのが手取り早いけどね。

その後、バジルとししとうの収穫。成長旺盛なバジルは週末来るたびに収穫、という状況。
他の葉物のように、ぱくぱく食べて消費できるものではないから、ジェノベーゼにsるか。

2011年07月31日

週末は畑にいます(2011.7.31)

7月ももう最終コーナー。
あんまり実感ないんだけどね。

今日は、秋作の準備。以前、ジャガイモが植わっていた区画を秋作の場所にするという。それにしても、
石灰を撒き、リペールパウダーと米ぬかの混合を撒く。
リペールパウダー&米ぬかの混合は、量が多いので、ナスやトマトの追肥として利用するほか、分けてもらい自分たちの区画にも撒いた。
その後は、なす、キュウリ、トマト、とうもろこしの収穫。ただ、とうもろこしは農薬を1回しか使ってないせいか、虫が。ほとんどが売り物にならない状態となり、農作業の難しさを実感。

トマトやキュウリも思うように実が付かない。天候不順か、栄養不足か、難しいところ。

午後は自区画のバジルとししとう収穫。ししとうは黄色くなっているもののあった。1週間に1回じゃ収穫が追いつけないなあ。バジルは先週、追肥したせいか、元気に葉を生い茂らせている。こちらはどっさり収穫。
カラーピーマンも3つ、結実しているが、まだ緑なので放置。
元気といえば、かぼちゃのつるは迷惑なくらい伸びているのでばさばさ切り込む。

それとガーデンコーナーにセルバチコを植えた。大きくなるといいな。

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2011年07月

2011年07月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年06月です。

次のアーカイブは2011年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。