« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月11日

ここ3週間のまとめ

約1ヶ月ほどの更新ストップ。時間はあっても余裕がないから?いや、普段の行動は「Google+」に投稿して、そこで終わってしまう、というのが真相。
詳しく言うなら「Google+」から「Facebook」、「twitter」、「mixi」へと共有している、というのが正解か。
まあ、ブログとして活動をまとめる余裕がなかったのは正解かも。今後はきちんとまとめていこう。
で、今、FBの過去の投稿をまとめてここ3週間を振り返り。

10/10 やっと「まどかマギカ」見終える。確かにエヴァンゲリオン以来の名作、というだけはある。が、エヴァほどのブレイクを感じないのはロボットが出ていないから?方向的には、「涼宮はるひの~」とかぶる?

10/9  昨日、畑に行けなかったので一人で畑作業。大葉春菊の種をまく。バジルとルッコラを収穫。ガーデンコーナーの草むしりをして撤収。

10/8 幕張ベイタウンの朝市に参加。持参したジェのベーゼソース、完売しちゃったよ。すいおうシフォンケーキも残りを横田さんに購入してもらい、最終的に持ち帰りなし。ふー、という感じ。おおまさりやしいたけも、順調に売れていた。やはり、旬のものは強いね。
DSC_0173.JPG
終了後、帰り道にピーターパンで完売のお祝い。

10/7 おおまさりの収穫に畑にいったら、なんとキャベツやブロッコリーが食われてなくなっていました。え?

10/6 シーテックへ。平日なのにすごい人がいた。ゆっくり見ているとキリがないので面白そうなところだけ要チェック。今年はグリーンIT、スマートグリット関係が注目だった。

10/1 午前中は共同畑。午後は、しいたけの袋破りの後、ルッコラを間引き、というか収穫。

9/28 何年かぶりの靖国神社参拝。ラドリオで昼からビールを飲み、上野へいき、ひさしぶりに手塚さんと会う。
DSC_0164.JPG

サラリーマンをやっていると、専業主婦の苦労は分からない。だが、無職となって家にいて、いろいろやろうとすると結構、大変なんだよなあ、と思う。

2011年10月19日

週末ではないが畑にいる件

10/15
今日は農業体験イベントのスタッフとして畑へ。参加者を待っている間、自区画のトマトの撤去を行う。イベントが始まったら、おおまさりの収穫、芋ほりを手伝う。休憩をはさんで、豆のたねまき組と小松菜の収穫組に別れ、小松菜の収穫組と一緒に作業。
人参畑の雑草抜きをした後、バジルの収穫、撤去を行う。バジルももうおしまいである。畑のバジルは大きく、普段、プランターのイメージしかない参加者たちは新鮮なようで「おお、大きい」との声があちこちから上がっていた。
好きなだけ摘んでもらい、撤去。木質化した幹をみて、参加者たちは改めて驚いていた。

その後は、出荷所でピザを楽しむ。そして、家の「野菜ディップ」を提供。皆、材料が検討つかず首をひねっていたが、「大豆です」というと、言われてみれば、との声が。

イベントも無事、終了。

10/17
午後、畑へ出動し、バジルの完全撤去。せっせこ耕さなきゃ、と思っていたら横田さんがトラクターを出してくれたので、3分で耕し終了。いいなあ、トラクターほすい。
おおまさりの収穫を手伝い、なすを収穫し、ひまわりの種を拾う。ルッコラが大分大きくなったので少し収穫。あと、秋楽ほうれんそうの種をマルチに撒く。以前、ホームセンターで収穫したパープルカリフラワーを畑に移植する。
その移植のとき、穴にネトリの葉をすきこんだ。
この作業で2時間があっという間だ。
その間にマグメルの方と情報交換したりと有意義な畑の時間であった。

2011年10月22日

畑の行く末

最近、すっかり千葉での活動がメインとなってきた今日、この頃。
畑に、図書館に、エコメッセ実行委員会に、と動き回っている。
それは悪いことではないんだけど、個人的には寂しさもある。

先日、約半年ぶりにFさんに会った。Fさんは船橋の畑で有機、自然農でいろいろ作っており、今年はズッキーニや白なすなど珍しい野菜に挑戦し、楽しそうだった。

畑は年中無休だが、逆にいえば自分次第。ここ数ヶ月はやりたいことが出来ていなかった。4月から始めた「ハーブ&野菜つくり」も約半年たってので少し振り返り、出来たことやり残したことを整理して今後の活動につなげよう。
まずは、来週の前半、畑に行き、ビーツとソラマメ、ルッコラの種を植えよう。

計画を立てて実行する。これ、簡単なようで大変なこと。
だからこそ重要なんだと思う。

野菜も作っていろいろ経験することが重要なのだ。

2011年10月29日

週末は畑にいます(2011.10.29)

20111029.JPG10月、最終週の土曜は、先週、できなかった作業も含めて行ったので大忙しだった。

週末ファーマーズ倶楽部(共有区画)としては、まず籾殻薫炭の作成。その一方で雑草抜きをして、トンネル外し。トンネルを外してみたら、キャベツが見事に食べられて網状態になっていた。その後、また、雑草抜きをしている間に、池谷さんがネギと一部のキャベツに化成肥料を追肥。
ここで、午前中(共有区画)終了。

午後は、自区画の作業。先日張ったがたがたのマルチにソラマメ(河内一寸そらまめ)、蕪(玉波)の種まき。その隣の区画を耕して、マルチなしで、春菊(大葉旬菊)とほうれん草(楽秋ほうれん草)の種を「ばら撒き」する。一応、一条撒きで種を撒いたものの、袋に「ばらまきで」と書いてあるし、種がたくさんあまっているので、一条撒きしたわきに種をばら撒いた。(写真内、マルチの向こうから、ソラマメ、カブ、左列の奥からほうれん草、春菊)
家庭菜園なんだからいいんだよ。

秋ナスと元気なルッコラ、白かぼちゃを収穫。あ、あとレモングラスも収穫。ルッコラ、レモングラスはもれなく周囲にお裾分け。ルッコラに関しては、9月7日頃、植えたものが、10月上旬には収穫している(若いけどね)。暑かったせいもあるだろうけど、やはり葉ものは成長が早い。
ちなみにレモングラスは、ハーブガーデン区画でものすごい勢いで生い茂り、そのぼうぼうぶりに見た人皆が、「うわ」と声を上げる。

201110292.JPG

また、撒いた種に持参した有機液肥を水遣りとしてかけたあと、土壌改良だ、と空いている場所に撒き散らす。液肥のボトルには「微生物の促進を‥」と書いてあるから、きっと土を柔らかくしてくれるのだろう。

水砂ファームは、少し深堀りすると、まだ土が固い。ごぼうを作るつもりで少し深く掘ったら、粘土質のようにがちがちであった。
柏原さんも「少しずつやっていって、ふかふかの土壌をつくっていかないと」といっていた。

「即断即決、スピード勝負、が成功の秘訣」と言われている現代。だが、その一方でゆっくりと着実にやっていくべきこともあるんだな、と改めて実感。

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2011年10月

2011年10月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年09月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。