« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月

2012年05月08日

GW明け

5月5日は、畑にいき、午前中に堆肥撒き、午後にとうもろこし苗植えを行う。初夏のような陽気でけっこう疲れた。
6日は、ベジタブルガーデンに行き、いろいろ見学。ハウスが広くなったように感じるが、おそらく、中がすっきりしたせいと思われる。その夜、急に体調不良に襲われる。いや、本当に、「急な」という形容詞がぴったりの突然のだるさ、腹痛だった。
翌日になっても不調がひかず、7日、作品社の打ち合わせのみ外出。
病院に立ち寄り診てもらったところ「ああ、今、流行っているんだよね。ウイルス性のものだね」の一言で終了。1時間待って5分で終了。薬をもらって帰宅。
夜は、急に弟夫婦が来訪。
ばてばての自分に代わってカミサンが必死の対応で体裁を整え、無事、弟夫婦と初会合を終えた。義妹と会うのが初なら弟と会うのも4,5年ぶりくらいか。

今日になってやっと復活したので、今週のtodoリストを整理。
・作品社の修正依頼対応
・maikaiリニューアル更新
・レンタルサーバ更新
・jqury mobile進める

こんなところかしら

2012年05月10日

ECサイトの集客方法は、やはりメルマガ?

0510.jpg
Nielsen/NetRatingsが発表した「2012年3月度 訪問者が多いEコマースサイト ベスト5」を見た。
下記のような順位になるらしい。

        訪問者数(千人)
1 アマゾン       25885
2 楽天         24922
3 ヤフーショッピング 18137
4 ヤフーオークション 16782
5 価格どっとコム   14678

こうやってみると、アマゾンと楽天が頭ひとつ抜けて多い。
この2社に共通してるのは、品揃えの豊富さとメルマガの多さである。

楽天は購入した店舗以外からも「楽天○○ニュース」というタイトルでメールが届く。例えば、猫用品を購入すると「楽天キャットニュース」と関連商品を網羅したメールが届くようになる。アマゾンの場合は「レコメンドメール」が届く。これは、一度チェックした商品や購入した商品との関連商品を自動的にピックアップしてユーザ毎に届けるサービスである。

両方とも自分的には「余計なサービス」と思うのだが、中にはリンク先のページをチェックするユーザもすくないのだろう。その結果が、上記の通り、訪問者数になっているのだと思う。
こうやってみると、配信サービスの数と訪問者数が比例しているようにも思える。
実際、お客様へ直接届けるには「プッシュ型サービス」のメルマガが有効である証拠だ。

やっぱり、油断ならないぜ、メールマガジン!

2012年05月14日

電子書籍元年はいつか?

今、お世話になっている事務所の作成した作品が電子書籍として、つい先日リリースされた。
『成功をもたらす、マーフィーの51の言葉』

こうやって、身近で電子書籍ビジネスをみているとこの動きは今後もますます加速していくんだろうな、と考えてしまう。

ところで電子書籍元年ていつになるのだろう。
AppStoreのリリースは2008年なので、少なくとも4年前には電子書籍の歴史は始まっているはずだ。いや、日本の電子書籍のシステム構築の元祖「パピレス」は1996年に インターネットサイト「電子書店パピレス」をスタートしている。
こんなことを考えると「元年」を定義することが大変なのでやめよう。

むしろ、すでに「電子書籍」の歴史は黎明期から熟成期に入っているのでは、と思う。
出版不況によるコンテンの多面展開戦略とデバイスの進化、モニターでの読書の普及、といった様々な要因が複合的に影響している。
これがじょじょに広がっているため、ますます混沌としているのだ。

それと最後に電子書籍によって紙の本が衰退するということはない、と思っている。
むしろ、出版の壁が低くなって良くなったのでは、と思う今日この頃。

2012年05月20日

週末は畑にいます(2012.5.20)

先日は、西千葉朝市へ出動。前夜にレシピ紹介の依頼があり、急遽、作成。
午後。畑にいき、はがれたマルチを張りなおし。

今日は落花生まき大作戦。東京組を迎えて、ちょっとしたイベント。
スタートからひたすら殻わり、そして種まきのあと、トウモロコシの種まきと苗植え。
ピザ釜でピザを焼き、皆で食べて遊ぶ。
その隙間を縫って、コリアンダーの種まき。

疲れた。

2012年05月28日

名前は無印でも常に要チェックサイト-無印

20120528.jpg
デザイン、販売方法、PR戦略-すべてに関してレベルの高いサービスを展開しているなあ、と常にチェックしているのが、「無印良品」のサイトである。

サイトトップでは、株式会社良品計画のブランドである無印の「ネットストア」「店舗」「暮らしの良品研究所」の3本柱を前面に押し出して紹介。その下の方でネットストアのマイページやアウトレットなど様々に展開している事業もアクセスしやすいようにデザインされている。

また、深い階層へ飛んでも、ワンクリックで各カテゴリに戻れるよう、ヘッダー部分にリンクが張ってある。こういう気遣いがユーザビリティの高さに結びついているのは間違いない。

最近では、自分の棚を作成できるソーシャルゲーム「MUJI LIFE」をリリース。さりげなくユーザを囲い込む戦略は舌を巻いてしまう。

やるならこういう運用をやってみたいと思う、今日この頃です。

管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2012年05月

2012年05月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年04月です。

次のアーカイブは2012年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。