« 2013年06月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月05日

ECサイトでデザインを販売-ロゴ市ストア

131005.jpg
かなり久しぶりの更新です。で、EC関連です。

Web上ではいろいろなものが販売されている。販売元も単なる小売業者だけではなくなってきている。今では「ロゴ」といった「デザイン」もオンラインで売買されている。
ロゴ市ストア」ではその「ロゴデザイン」を販売しているECサイトだ。
以前から気になっていたが、最近、クレジット決済も可能でロゴの即日購入が可能になった。
凄いね。
そのうち、キャッチコピーとか企画も、ECで即日購入可能になるのかも。

2013年10月14日

リニューアル大作戦 その1

今から、約10年前に作成したサイトのリニューアルをしようかと考えている。
当時、まだ、34歳で、出版社退職後、Web業界に入るべく、勉強を始めたばかりのころの自主制作のサイトだ。

ちょっとひねって、フレームを利用して制作。だが、その後、フレームはマイナーな技術となり、利用するサイトはほとんどない。
また、更新が面倒だ。そんなことで、以前よりリニューアルしよう、と何度も計画を立てながら、計画倒れになっていた。
個人案件で制作料が入るわけでもなく、誰かにとがめられるわけではない。むしろ、織田さんからはサイトを作ったこと自体、感謝されているくらいだ。
ついつい先延ばしになってしまうのもしかたない、うんうん、しかたない、別にやらないつもりではないし、俺はまだ本気だしてないだけ、と自分に言い聞かせてきた。

そんな自分にけじめをつけることと、ある考えがひらめいて「本気」を出すことにした。
その証拠としてこうやって「リニューアルやるぞ宣言」して、過程も記録することにした。

まず、元サイトはこちら
あるがまま

第一弾として、何をどう変えるか、を考える。
まず、目的と条件をピックアップする(おお、ディレクターっぽいぞ)。
「更新が簡単に出来るようにする(最重要)」
「リニューアルにあまり工数をかけないようにする(かけられない)」
「できるだけ新しい技術を取り入れる(スキルアップのため。これが個人案件をする大きな目的)」

これらを考えて、「レスポンシブサイトで、シングルページ」で構成することに決まった(自分の中で)。
レスポンシブサイトを選んだのはトレンドだし、触っておくべきだと思ったから。シングルページは、更新が楽だから。複数ページにしたらコンテンツが増えるたびに複数ページを更新する必要がないため。

コンテンツ(本)の紹介もこれまでは「文庫」「新書」「書籍」と分類していたが「作品」としてひとくくりにして年代別に並べることに決めた。

織田さんは多作ではないし、作品を年代順に並べることで、内容の変遷が分かる。それも「織田淳太郎」というノンフィクション作家の色を表すことには間違いない。

「情報過多」「検索」のこの時代、シンプルに見せることが重要なのだ。

もちろん、一から組むのは無理なので、テンプレを探す必要もある。
同時にどんなデザインにするか、イメージを作らなくては、ということで

縦長のwebデザイン

シングルページ 縦長

カヤックデザインブログ

レスポンシブサイト」を参考に構成やデザインを固めていくことにした。

2013年10月21日

日本の職人魂を海外に‐Unique Japan(ユニークジャパン)

20131021.jpg

政府は「クールジャパン」の名目のもと、サブカルコンテンツを世界に売り出そうとしている。そういった思惑とは別に、日本古来の良いもの(職人の世界)を世界に発信(発売)しているUnique Japan(ユニークジャパン)だ。
DARUMA(だるま)やSWORD(刀)などIKEBANA(いけばな)など、足元の良いものが並んでいる。
こういうものをもっと国内でも大事にしなきゃいけないよなあ、と思わず反省してしまう。
楽天もヤフーショッピングも、こういうものの売買を積極的にし、国内産業の活性化に貢献したらいいのに。

2013年10月26日

リニューアル大作戦 その2

さまざまなレスポンシブサイトのデザインを眺めながら、構成を考えるが、どれもこれも素晴らしくてどれが自分の作成すべきサイトに最適なのか、見えてこない。
頭の中で考えがまとまらないときは手を動かすのが常套手段なのでさっそく実行する。
紙にペンで手書きのラフ案を書いてみる。

まず、現サイトの構成を分解して、1Pにするための構成を考える。こんな感じか。
arugamama20131126.jpg

やはり構成案にすると、分かりやすい。こうやってみると1Pのサイトは、簡単にできるようび感じられる。

ただ、構成案をみると簡単だが、ボリュームを考えると結構、大きな1Pサイトになるよな。
しかも、これをレスポンシブでスマートフォンで表示したときって、どれだけ長くなるのか…。

構成案の段階で不安になってくる。

さて、構成案が出来たら、通常はデザイン→実装だが、レスポンシブサイトをつくる場合、そうはいかない。
デザインと実装を平行する必要がある。

え?

というのも、サイズを変えたときの表示が変わったときの動作を確認しながら進めないといけないのだ。実際に制作会社が受注した案件でも、(いや、これも実際に動いている案件なんだが)モックアップで表示を確認しつつ、トライアンドエラーを繰り返して完成までもっていくのが実情。

というわけで次は、モック作成だが、そのスキルも時間もないので、テンプレートを利用することにする。

さて、イシャはどこだ! じゃなかった、テンプレートはどこだ。(ねじ式風に)


管理人:中西 広充

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を約10年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は畑いじり、朝市参加かWeb系のイベント参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるために、サイトのタイトルを「中西ファーム」と命名。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、another_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About 2013年10月

2013年10月にブログ「中西ファーム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年06月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。