組織の一員に必要なスキル-ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

組織の一員に必要なスキル-ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

背徳的なタイトルだが、それほど過激な内容にはなっていない。 むしろ組織をいかにうまく回すか、のマネジメントスキルの紹介がメインとなっている。

ダークサイド・スキルとは組織に必要な能力

タイトルになっているダークサイド・スキルに関して、著者は「 評価はしにくいが組織には必要な能力」と説明する 。
「ロジカルシンキング」や「資料作成術」などを「ブライトサイト・スキル 」と定義し、その半面「空気を支配する力」や「嫌われても押し通せる力」といった、評価しにくいが必要なスキルを「ダークサイド・スキル」と命名し、利用している。

ターゲットはミドルリーダー

読者ターゲットはミドルリーダー。一般的な会社なら、課長・部長クラスの、いわゆる中間管理職だ。個人的には、肩書きがなくてもキャリアの長い中堅社員も読んでおくべきだと思う。ダークサイド・スキルを身につけ、実践することで、本人も、その組織も、成長することは間違いない

なぜ、このスキルが必要かといえば、仕事は机上の理論だけではうまくいかず、実際にはいろいろな調整が必要だからだ。著者も本の中で「CND(調整、根回し、段取り)が重要だ」と繰り返し言っている。 また、ミドル・リーダーが経営陣と現場の人間との調整をどれだけうまくこなすかが組織の成長のカギ、と語る。

変化の激しい時代に必要なスキル

「変化の激しい時代はブライトサイトスキルだけでは生き残れない。ダークサイドスキルも合わせて使いこなすことで変革を引っ張りリーダーになってほしい」と著者はいう。組織の人間関係は複雑になり、マネジメント能力も教科書通りではうまくいかない。こんな時代に必要なのが「ダークサイド・スキル」なのだ。

読みやすく、実例を紹介しながら、組織の中での働き方、自分の立ち位置の作り方を紹介。社会人経験の長い人、自分の属している組織をもっと上手に回したい、と思う人なら読んでおいて損はない。

ビジネスカテゴリの最新記事