2018年読書録

NO IMAGE

「儲かるECサイト」運営講座 鈴木利典 (著),‎ はたけやまよりえ (著),‎ 染谷昌利 (監修)
ECサイト運営初心者向けの入門書。集客方法から商品の見せ方、無理のない運営ノウハウ、アクセス解析、最新の技術情報まで、浅く広く紹介している。
ベテランが読むと「知ってる」というところも多いだろうが、改めて、ああなるほど、と思うところもあるはずだ。


中の人などいない: @NHK広報のツイートはなぜユルい?
浅生 鴨
著者はNHKのツイッターアカウント初代担当者。今のように、SNS作法が一般的でなかった時代から、NHKという老舗報道企業のアカウントをマイペースに運用していた、中の人の回顧録だ。リツイートへの真摯な対応など、著者の人柄が見えて面白い。SNS運用はある程度、マニュアル化できると思うものの担当者の個性も大きいんだろうな、と考えさせられた。
http://amzn.to/2EcrGhg
予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」ダン アリエリー (著)
有名な行動経済学の本。行動経済学は心理学にも通じるところがあり、面白く読めた。「これは薬です」と言ってビタミン剤を渡すと飲んだ患者に効果が現れる「プラセボ効果」やお金でなく気持ちの方が人は動く、という「社会規範のコスト」など、なんとなく知ってることを実証実験の例を引き出して説明してくれる。なるほど、と思うと同時に人を操るコツでもあるのでちょっとコワいところもある。
ただ、この「人の行動予測」はマーケティングを考える上で重要なんだろうなあ、と思ってます。


ダークサイドスキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技 
木村 尚敬 (著)
煽情的なタイトルだが、内容はシンプル。組織の中堅・ミドルリーダーがトップや部下とうまく付き合っていくノウハウを説いている内容だ。
著者のいう「ダークサイドスキル」とは、プレゼン能力、論理的思考などを「ブライトサイトスキル」というのに対して、人心掌握術や空気を読む力、場を支配する力のこと。複雑な人間関係の中で結果を残すには必須のスキル。だが、最近ではそういったノウハウを伝授するビジネス書はなかっただけに売れているようだ。

本(電子書籍、漫画)カテゴリの最新記事