PMについて学べる-カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで[市谷 聡啓 (著), 新井 剛 (著) ]

PMについて学べる-カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで[市谷 聡啓 (著), 新井 剛 (著) ]

著者はプログラマーからキャリアをスタートし、PMやサービスプロデューサーも手掛ける市谷氏とPMを経てアジャイルコーチ、ファシリテーター、ワークショップ等で組織開発を担っている新井氏の二人。ともに現場の経験豊富なベテラン。それだけにさまざまな現場の様子がリアルであり、ノンフィクション小説か、と思うほどよく描かれている。

一人からの挑戦、そしてチームへ

主人公はキャリアの浅いエンジニア。舞台は運用の現場ではなく、開発現場、となるとできすぎたドラマのように聞こえるが、実際、ドラマのようにトラブルに見舞われる。 人間関係からクライアントの要求、スケジュール通りに進まない開発などさまざま。読んでいて他人事じゃない、と思う場面も少なくない。

それでも、スクラムマスターを迎え、カンバンボードを採用し、様々なスキルで解決していく。他にもスプリントやアジャイル、デザインプロセスと開発プロセスなど最新の開発ノウハウがこれでもか、というほど詰まっている。

ディレクターでも共感できる部分は多い

コードのテクニカルな話はほとんどない。どちらかというとプロジェクトの進め方、チームマネジメント、チームリーダーの心構えなどが中心だ。Webディレクターやキャリアが長いエンジニアやプロジェクトマネジメントに関わる人が対象になっている。

内容をすぐに現場に導入できるものではないが、得られるものは少なくない。ステークホルダーとの関係構築やチームビルディングの考え方は大きな参考になった。個人的には、開発チームの進め方がどんなものか分かったのが大きい。アジャイル、スクラム、メンバーの迎え方、プランニングの進め方などなdどんなプロジェクトでも共通する内容ではあるので、ディレクターも読んでおいて損はない。

ビジネスカテゴリの最新記事