メイン

検索エンジン アーカイブ

2008年03月07日

人力エンジン

080306.jpgヤフー、googleをはじめ、検索エンジンのアルゴリズムは企業秘密となっている。だから、1ページ目に出てくる結果が探していたものと合致するかどうかは分からない。便利と思って利用している検索エンジンも、表示される結果は企業の戦略だったりするかもしれない。

そこで、検索結果もみんなで決めた方がいいじゃん!ということから開発されたのが、「Kynny」だ。このワードに表示されるのは、このサイト、という結果表示をユーザーの推薦で決めようというシステムになっている。もちろん、現時点では登録ユーザーの数も多くないので、今は、普及している検索エンジンのアルゴリズムを反映しているという。

ウイキペディアに象徴される「クラウドソーシング」のひとつと呼んでいいサービスだろう。

続きを読む "人力エンジン" »

2008年10月02日

新型エンジンは王者の牙城を崩せるか

081002.jpg少し、古い話題になります。今年の7月、スタンフォード大学のTom Costello教授とGoogleの元検索アーキテクトであるAnna Patterson氏の夫妻がチームを組んで新型検索エンジンのサイトを立ち上げた。

それが「cuil」だ。サイトオープン直後、様々なニュースサイトで喧伝され、検証された。あれから約3ヶ月。新型検索エンジンがどれくらい、シェアをつかんでいるかは分からない。

ただ、インターネット上の「google至上主義」の空気はやはり、正常とはいえない。そのためにも期待している。

続きを読む "新型エンジンは王者の牙城を崩せるか" »

2008年10月08日

グッドデザイン賞から、その1

20081008.jpg2008年度のグッドデザイン賞が発表された。「移動・ネットワーク領域/コミュニケーション- デジタルメディア」部門でいくつかのWebサイトが受賞したので、いろいろ閲覧していると、しっているものもあれば、「こんなサービスあったんだ」というサイトもあり多種多様。今後、受賞サイトの中から、いくつか紹介していきます。

今回、もっとも感銘を受けたのは「想-IMAGINE Book Search」。本の検索エンジンですが、これが、実に良くできてる。単語ではなく、文章を入力しても、対象の本をピックアップしてくれるのだ。例えば「野球の歴史を知りたい」と入力すれば、「ジュンク堂書店」「Wikipedia」「新書テーマ」その他、様々本関連データベースからピックアップしてくれる。

「こういう本が読みたいなあ」といった漠然とした要求にこたえてくれる書店員のような本検索エンジン。そのうち、気分を入力すると、それにぴったりのワインを勧めてくれるソムリエのような検索エンジンも出てくるかも。

続きを読む "グッドデザイン賞から、その1" »

2008年10月10日

グッドデザイン賞、その3

081010.jpg動画専門の検索エンジンもたくさんあり、特別、目新しいサービスでもない。ただ、探すだけなら。そこにどんな付加価値を付けるかが重要だ。

今回、グッドデザイン賞を受賞した「woopie」は、付加価値が上手かった。探した後、ユーザーが自分で動画を編集できるところ。マイチャンネル、と名づけられたこのサービスは、収集した動画を簡単に自分好みに編集できる、という。

PCだけでなく、モバイル、iPhoneやiPodtouchでの視聴も可能だ。これは大きいと思う。

続きを読む "グッドデザイン賞、その3" »

2008年11月25日

Frickerを楽しむ

081125.jpgオンラインアルバムサービスはたくさんある。とはいえ、世界最大の規模を誇るのは、Frickerだろう。Frickerはタグなどで画像を検索できるのも人気の原因だろう。

画像検索」は、その名の通り、画像検索エンジンだが、Yahoo!やgoogleと違うのは、Fricker内の画像を検索できるところだ。また、Frickerだから、注意さえ守れば2次使用可能な画像だ。それにフリー画像検索も可能だ。

画像サービスはたくさんあるが、イメージは多ければ多いほどいいもの。画像を探しているなら、まずはここで探してみると面白いものが見つかるかも。

続きを読む "Frickerを楽しむ" »

2008年12月22日

テキストだけじゃない

081222.jpg検索エンジンは、目的にあったページをピックアップしてくれるサービスだ。対象のWebサイトを探してきて、どうですか、と提案してくれる。

このとき、一緒に画面を表示してくれるのが「検索エンジンMARSFLAG」だ。ただ、それだけの機能だが、視覚に訴えてくるのは大きい。検索して出てきたページがどんなページなのか分かる。もちろん、実際にアクセスしてみないと分からないところもあるけど。

画像系のサイトをチェックしたいときには良いかも知れない。

続きを読む "テキストだけじゃない" »

2008年12月24日

これが本当の画像検索

081224.jpg今回も海外のサイトの紹介です。説明は英語だけですが、単語が分かれば、あとは直感で使えます。使う、というか、遊べます。

その名も「retrievr」。何と、左のスペースに描いた絵やアップロードした画像に近い画像を検索してくるサービス。検索先は、Flicker。中には、似てる?という画像もありますが、色調、雰囲気は共通している。

もっと精度があがれば、テキストから画像を探すのでなく、画像から、その内容を検索することも可能だ。

続きを読む "これが本当の画像検索" »

2009年01月31日

新書を購入する前に~新書マップ

090131.jpg場所もとらず、気軽に購入でき、またテーマも多彩。そんな理由で7,8年前から新書が注目されている。版元も多いし、刊行点数も数え切れないほど多い。

だが、何か読みたい、でも何を読んだらいいか、分からない。という人にお勧めなのが「新書マップ」だ。キーワード、もしくはテーマから、関連の新書が検索できる。例えば「女にもてる方法」で検索すると「現代の女性」「いい男」「日本の古典文学」「ロボット」「リゾート」と(後半は良く分からないが)いったテーマが抽出される。

そのテーマに関連する新書が、ピックアップされ、推薦される、というサービス。また、関連カテゴリーへのリンクも貼ってあるので「ロボット」から「アニメーション」のカテゴリーへ行くこともできる。「キーワード検索」を有効に利用したサービスであると思う。

昨夜はタモリクラブスペシャル、というので、日本酒とチーカマを用意して、楽しみにしていたのに、過去のダイジェスト版だったので、ちょっと肩透かし。なんか世間で「ガラスの仮面」が盛り上がっているような。

2009年02月04日

学術文書を探すのに最適なDnavi

090204.jpg身近の検索ならともかく、論文を書きたいとか、正式な文書を書きたい、と考えているなら、きちんとしたニュースソースが必要だ。正式な、学術関係の書類を探すのに、Yahoo!やgoogleは、効率がいいとは言えない。

目的が決まっているなら「Dnavi国立国会図書館データベース」が最適だろう。広い範囲での論文や学術資料が見つかる。出所がきちんとしている資料なので、信頼性も内容も申し分ないはず。

インターネットの魅力は、つながること(逆にいえば、つながられること)。だが、つながった先の情報も重要だ。

先日、グーグルのサービスが。と書いたが、これはグーグルの多くのサービスのうちのひとつが停止になったり、レイオフのニュースが重なったせいだろう。それにしても、グーグルだって、世界経済の影響を受けているはず。将来的に、サービスが有料化になったら、どうなるのだろう?

2009年02月10日

連想検索エンジン

090210.jpg検索エンジンの開発は、二つの流れがあるように感じる。ひとつは、どれだけ、ユーザの目的にあったページを抽出できるか。もうひとつは、キーワードから、どれだけイメージを働かせるか、という方向だ。

連想検索エンジンreflexa」は後者になる。タイトル通り、打ち込んだキーワードに関連する他のキーワードが候補として出てくる仕組みだ。中には、どういうつながりでこのキーワードが?というのもある。余裕があるときは、そこへ飛んでいくのも楽しいだろう。

「リンク」がインターネットの特徴のひとつであり(本や新聞にはない)、その特徴を面白いほうへ生かした機能ではないだろうか。

今、自宅のPC環境が、12インチノートプラス15インチモニターのデュアルモニターとなっている。本当は、キーボードを用意し、ノートは閉じて使おうかと思っていた。だが、画面が二つあるというのは便利だ。最初は画面サイズの違いやノートPCのキーボードの使いにくさに抵抗を感じていたが、今はほとんど問題ない。慣れというのは恐ろしい。

2009年03月16日

消えたページも見つかるかも?-googleキャッシュ表示

090316.jpg検索エンジンにもいろいろなタイプがある。これも検索エンジンは間違いないが、表示されるページがちょっと違う。

googleキャッシュ表示」は、その名前の通り、googleのキャッシュページが表示される。ページ、そのものを表示すればいいじゃない?と思うかもしれないが、表示が早いということ、とキャッシュが残っていれば間違いなく検索にひっかかるのでピックアップできる。

まあ、それだけなんだけど。こういう視点って大事なんじゃないかな、と思ったりしたのです。

平穏に月曜日が終了。もう、3月も半分なのね。さて、問題です。欲しい本がありました。明日、買えるのですが、今、アマゾンで注文するのと、どっちがいいでしょう。正解。本は本屋で買いましょう。

2009年03月25日

検索結果をいろいろと-ぜんぶ検索

090325.jpgMSN、yahoo!、googleとネットを代表する企業であり、googleを追うMSNとYahoo!という図式がある。そんな中、MSNが最近、「ぜんぶ検索」というサービスを開始した。(まだ、β版だけど)

ぜんぶ検索」は、その名の通り、「ウェブ検索だけではなく、画像、地図、動画、ニュースなどの「Live Search」の色々な検索機能に加え、タレント、商品、そして人の集合知「MSN相談箱」をまとめて一度に検索」できる。それなら、Yahoo!もgoogleも可能だが、「ぜんぶ検索」の場合、検索結果の最初のページに関連項目全てが表示される。

検索窓に「ワード」を入れてから、画像、blogなどカテゴリーを選択するのではない。最初から、各カテゴリーの結果がバランスよく表示されるのだ。便利なことは間違いない。このサービスがユーザの支持を得て、googleの牙城を崩せるか?気になるところだ。

自宅のIEを8にしてみました。まだ、ちゃんと使ってないけど、7のときのもっさり感が解消されただけでもありがたい。ただ、基本的にはFFユーザなので、ネット上のいろいろなサービスがFFに対応してくれる方がありがたいんだけどね。

2009年06月04日

MSNの挑戦、Bing

さて、先週より話題の新検索エンジン、MSNのBingはどうだろう。
Cnetをはじめ、様々な人が検証し、その感想をあげているが、新製品に賛否両論は付き物で、読んだだけでは、分からない。
まずは、子飼弾氏にならって、エゴサーチを試す。1位はgoogleと同じも2位以下は関係ないページがずらりと並ぶ。

検索エンジンの利便性は、慣れてこないと分からない。今後のMSNの展開に期待したい。

2014年12月31日

2014年の検索キーワードで1年を振り返る

googleの「2014年の検索キーワードで1年を振り返る」で総合1位が「Yahoo」だったことに笑った。検索エンジンで検索エンジンを探すのか?
いや、ヤフーのサービスを利用するんだろうなあ。ヤフーサービスの中で一番、利用率が高いのは、「ヤフーニュース」か、ヤフオクか。そっちの方が興味ある。
あと、5位楽天、6位Amazonと。いかにネットショッピングが利用されているか、わかろうというものだ。

あと、ニュースの1位がワールドカップ、2位がソチオリンピック。世界的なスポーツ大会は注目されてるんだなあ、と改めて実感。あと、「人気のキャラクター」でドラえもんが妖怪ウオッチを抑えて1位というのに驚き。今年は映画があったからかな。

さて、2014年ももう終了。
来年は、更新頻度と内容濃度をあげます!

管理人:中西 広充 

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を12年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は基本的に、週末ファーマーズ倶楽部に参加し、畑でハーブと野菜つくり、朝市参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるためにも、サイトのタイトルを「中西ファーム」と一人で決定。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、お気軽にanother_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

About 検索エンジン

ブログ「中西ファーム」のカテゴリ「検索エンジン」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは本/映画です。

次のカテゴリはです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。