メイン

web アーカイブ

2007年06月25日

地域別インターネット

070625.jpg

overtureの表示が今度は都道府県別にできるようになるらしい。ヤフーでは以前から、TCPIPを利用して地域別にバナー表示を変える、という話を聞いていたが。

考えたらネットワークに参加するとき、アクセス元(?という表現も変だが)は登録済みなのだ。ネット上のマシンは全てTCPIPという番号で判別されるのだから。(住基ネットも同じようなものか)。だから、プロバイダーを通過するときに○県のプロバイダからアクセス、といった判別は可能。

逆にgoogleなんかは、どのPCがどこへどれだけアクセスしているかを、計測しようということまで考えている。それが可能だし、ネットワークでなくとも、suicaを利用している場合、経路は全てチェックされているのだよ。

話がそれた。アクセス元を自動的に判別するのではなく、最初から地域に特化したサイト、検索エンジンもある。開かれたイントラネット。
http://www.sa-ga-so.net/

画像はイケアのソフトクリーム。濃厚ですが、甘かった。

2007年07月08日

地図でバズ

070708.jpg

猫が庭でごろごろしていて気持ち良さそうだ。猫は結構、ずりずりごろごろする。気持ち良さそうでうらやましい。その猫を家の中に戻すとバイクでさくっと幕張へ。
カルフール内のシャツ屋で半袖シャツを購入。その後はスーツ購入も考え、ララポートも見て回ったが、いまひとつで今日は断念。別に、営業して回るわけではないが、この歳になると、スーツで作業、が落ち着く時もある。まあ、着るものに悩まなくて済む、というのが本音。

帰宅後は、約1ヶ月ぶりにジム。トレーニングというより、ちょっと汗流しました、くらいであがり。明日から仕事だし、きついですよ。

口コミ(バズ)はネット上の定番サービスとして定着した。が、どのように流布させるかは、千差万別で、現在は個人の発信元であるブログサービスが最も一般的といえるのではないか。

とはいえ、お店や会場、建物などはその場所を地図で示すのが最も丁寧だ。というところから、考え出されたのかは分からないが「マップでクチコミ」というサイトを見つけた。

http://www.mapcomi.jp/index.php

もうひとつがブログ内の話題の場所を地図上で紹介する「地図ログ」

http://www.chizulog.com/

「マップでクチコミ」はgoogleマップのASPを利用したサービスで、気になるクチコミをクリックすれば、その場所に飛ぶという仕掛けだ。「地図ログ」は、地図データで名を馳せた「ゼンリン」が提供している。特定のブログサービスをクローリングして、その中のデータを地図上で紹介するというサービス。

確かにこれなら場所がイメージしやすい、というか、ああ、ここなんだね、と一発で分かる。

ああ、これで、地域猫のテリトリーとか分かったら面白いかもね。

2007年07月11日

ブログ、という媒体

2004年にブログブームが起こってから、ブログに関する本はたくさん出版された。先日、読み終えた「ブログジャーナリズム」は2005年に発売されたものだが、十分面白く読めた。それは、ブログという媒体を利用し、注目を集めた湯川鶴章氏, 高田昌幸氏, 藤代裕之氏の鼎談を中心に構成されたからであろう。
3人とも、現在、元も含め新聞記者。ブログというメディアが新聞、ジャーナリストにどのような影響を及ぼしているか、また、新聞社の現状、メディア各社がブログを、どのように活用していけばいいのかを熱く語っている。

「ブログは現状ではマスメディアの手の回らないニッチ情報の分野でこそ、一番力を発揮するのではないでしょうか」(高田氏)

この本が発売されたのが、2005年。現在、ブログはメディアとして認識されているのだろうか?確かにニッチ情報に関しては、ネット初、ネットなら見れる、という情報もある。4,5年前、ネットが紙媒体を食う、といった空気もここ1、2年で無くなりつつあるように感じる。むしろ、新聞社や出版社もその活用方法を模索しているように思う。

その一方でライブドアPJやJANJAN、オーマイニュースといったサイトは苦戦している。やはり、「ネットだけ」という姿勢が厳しいあるのだと思う。情報源としての、「ブログ」はあると思う。だが、いまだにテレビを筆頭にネット、新聞、ラジオなど、マルチに展開して初めて大きな影響力を持つのではないか、と思う。

サイトの評価

サイトの評価をPVから、滞在時間へ。そういう流れができつつあるようだ。実際、Nielsen/NetRatingsがそのように考え方を変えていくという。考えてみれば、動画サイトなど、アクセス数はもちろんだが、滞在時間も重要な意味を持っている。

では、滞在時間を評価に加えると主要サイトのランキングにどれくらい変化が現れるか。

APの記事によれば,PVから滞在時間にランキングにするとAOLが6位から1位に,Googleは3位から5位になるという。AOLはインスタントメッセージ・ユーザーを数多く抱えているためユーザーの滞在時間が長い。今年5月の米国ユーザーの総滞在時間は250億分で Yahooの200億分を越える(PVではYahooがトップ)。一方,Googleは検索エンジンユーザーが多いため,滞在時間が比較的短い。ユーザーは検索結果を得ると,すぐに外の目的サイトに飛んでいくためである。そのため、PVでは3位でも、滞在時間では5位になるという。

そういえば、コンバージョンレートという考え方もあるし、色々な意味でサイトの運用方法が変わってきているのかもしれない。

2007年07月22日

同じメディアという分類でも、中身は違う

先日、ガ島通信の藤代氏の話を聴く機会があり、楽しみに出かけていった。徳島新聞で記者として活躍した後、現在はネットの世界で活躍。ブロガーとしての活発な行動と紙からウエブという境遇に勝手に親近感を抱いていた。
会の最初の頃に出た「ネットのインフレ」に関しては大きくうなった。また、インデックスサーバーが日本にはない危惧、googleのサービスはを利用するたびに、アメリカの一企業を肥大化させているジレンマ(これは梅田氏もいっていた)、中国はgoogleに対抗すべく独自の検索エンジンを開発中であり、それを日本にも持ち込もうと画策しているなど、普段、Webの本では知りえない話が多かった。

続きを読む "同じメディアという分類でも、中身は違う" »

2007年08月14日

ねばねばねばーおくら

070814.JPG
この鮮やかな黄色い花はなんでしょう?といってもすぐ下に実がなっているので分かるか。おくらです。今、庭は暑さのせいか、ちこり、ラベンダー、カモマイル(枯れた)といった北方面出身の植物は、「くたっ」と元気ない状態。逆にレモングラスやバジルといった熱帯出身の連中は元気モードで葉を繁らせている。
で、おくら。実は、アフリカ出身なんすよ。知らなかったでしょう。だから、暑くても元気元気。今は注射器のような実を4,5個、天に向けています。ねばねばしていて、栄養価が高いとか。豆腐に乗っけると美味しいですよね。

天に向けて、といえば、今、自分のgoogle画面に「今日のnasa画像」を設定してるんだけど、これがなかなかいいんですよ。いわゆるガジェットですが、スペースシャトルや船外活動、星雲や惑星の表面画像が日替わりで表示。

続きを読む "ねばねばねばーおくら" »

2007年08月26日

web辞書

文章を書く時、単語を調べるのに、何を使っているだろうか。これが10年前なら「辞書をひく」が、一般的な解答だろう。だが、ネットの発達で本という形の辞書の使用率は減ってきていると思う。代わりに検索エンジンやウイキぺディアgoo辞書類語.jpなどの利用頻度が上がってきているのは間違いない。

続きを読む "web辞書" »

2007年09月05日

「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」

070905.jpg
かもめ食堂を見た。2回目だ。いや、今日いいたいのはそこではない。
「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」を読んだ。とても面白かった。著者は2チャンネルの管理人、ひろゆき氏。やはり、あの巨大掲示板を管理しているだけあって、ネット社会に対する考え方には、うなづくところが多かった。

とくに、Web2.0の虚構性とグーグル礼賛の否定など、常日ごろ、疑問に感じていたことを理論立てて、説明してくれると、まさに!とヒザをたたいてしまうばかり。
つまり、Web2.0は単にティム・オライリーのネーミングセンスに乗せられたマスコミと代理店が騒いでいるだけ。世間はgoogle礼賛で、ネット上の新潮流のようなことを言う人も少なくないが、やっていることの基本はYahooとなんら変わりはない。
googleが素晴らしいサービスを無償で提供するのは自社へのアクセス数を増やし、広告を増やすことが目的。

Web2.0的会社と騒がれている、mixiだって楽天だって、基本はフリーペーパーであり通販雑誌なのだ。広告を取るために、ページを増やしますか、と考える編集部と同じだ。と語るのは、ちょっと乱暴すぎるとは思うが、当たらずも遠からじ、ではあるだろう。

続きを読む "「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」" »

2007年09月08日

脳はゲームで活性化するのか

070908.jpg
流行の脳トレゲームである。が、検索されている「キーワード」を当てる、というネットならではの着眼点だけになるほど、と思う設問がとても多い。

この『関連想キーワード』。内容は、スタートボタンを押すと多くのワードが並ぶ。そのワードが他に「どんな」ワードと同時に入力して検索しているかを考えるというもの。言語系なので、いろいろ想像力をかきたてられる。また、時間制限があるのもいい。集中して考えるクセが着くし、分からないからといって、不必要に時間をとられる心配もない。

何回か遊んでみたが、意外と世相を反映している感じもある。例えば、「作法」「bgm」「演出」「余興」などと並んでいると、ああ、とイメージが沸いてくるが、次に「紀香」とくると、急に範囲が広がって用意していた答えに確信が持てなくなったりする。

答えは分かったかな?回答を思いついたときのアハ体験ができるよう、よく考えることをお勧めします。どうしても、分からない、という方には最後に答えを書いておきます。

それと同じ意味でも、どの言葉で検索されるかも分かる。ある設問で「地図」と答えたら、不正解で「マップ」が正解だった。何で?と思うが、そういうことらしい。

続きを読む "脳はゲームで活性化するのか" »

2007年09月17日

天気予報は

070917.jpg天気予報は重要な”ニュース”だ。「明日は雨らしいですよ」といった話のネタから、アミューズメントパークの来場者、作物の出来高まで、あらゆるモノに影響する。
その天気予報を、場所別、短期、中期、長期、はたまたバラエティー的に見せているのが、ウェザーニュースである。
市町村別にピンポイントで天気を探せる検索機能の中には「バス亭」の項目もある。他にも、衛星からの雨雲の動きや全国に設置されたライブカメラ、お天気バラエティーなど見ていて飽きないコンテンツがたくさん並んでいる。

2007年09月25日

リサイクルはエコ

070925.jpg
どんどん部屋にたまっていく「本」。どうせ処分するなら、もっと考えましょう、地球に優しく、なんてどうですか?という提案するわけではないが「ネットオフのスマイルエコプログラム」だ。

要は、古本の買取金額を寄付に回せますよ、ということだ。ただ、こうやってエコを前面に押し出し、キャンペーンの一貫としてアピールされると、とてもいいことをしている気になる(いや、実際に良いことには間違いない)。

どこかへ持っていかなくとも、宅配業者が無料で持って行ってくれるし、寄付先も選択できるので画期的なサービスと考えてもいいだろう。何より、部屋が片付くのが嬉しいではないか。

「エコ」という言葉が免罪符になっている気がしなくはないが、どうせモノを処分するなら有効利用を考えてはどうだろう。

2007年09月26日

microsoftと産経

070926.jpg
MSNのニュース部分を担当していたのは「毎日」だった。なぜ、毎日なのかは不明だが、この契約も今月いっぱいで解消されるそうだ。10月1日からは、「ウエブパーフェクト」を目指し、サンケイが新しいパートナーとなる。

どういう経緯からこうなったかは知らない。誰か知っていたら教えてほしいくらいだ。ともかく、大々的な記者発表を行い、「ウェブファースト」(速報は紙よりもウエブ優先)をうたうなど、やる気まんまん。ネット上におけるサンケイの存在感は大きくなるだろう。他にも収益の面をはじめ、asahi.comや他のニュースサイトにも大きなアドバンテージになるのは間違いない。

ガイドページがあり、へーと思う一方、検索にgooを採用するなど良く分からないところもあるが。

それにしても、サンケイグループは、積極的だ。izaやPodcastなどWeb関連の最新技術を導入する一方、「サンケイエクスプレス」といった、紙メディアの新展開もきちっとやっている。メディアも会社として機能していく以上、新たなビジネスモデルの確立が必要だ。

2007年10月01日

MSN産経ニュース始動

071001.jpg
私事のばたばたから、大分空白期間が出来てしまった。もちろん、この間にも猫と遊び、植物の手入れをしつつ、いろいろなウェブサイトを見て回ってはいた。
10月1日はちょうど、9月25日に書いたMSN産経ニュースのスタート日なのでアクセス。

ざっと見て、デザインに関してはMSN色が強いなあ、という印象を受けた。とはいえ、久々に他の新聞サイトを見て回ったところ、ポータルとしてのデザインにそれほど差はない。

とはいえ、ざわざわニュースRSSリーダーやガジェットの配布などシステムを利用した仕組みも多く活用されているよう。

どんなニュースサイトになっていくのか。新聞社としてどのような位置づけになるのか。今後も定期的に注目していきたい。

2007年10月03日

今日は何の日?

071003.jpg知らなくても困らないが話のネタとして、今日は何かの記念日かが分かると便利だ。おまけに、毎日が何かの記念日。それは国が定めた祝日から、猫の日制定委員会が決めた2月22日は「ニャン・ニャン・ニャン」で猫の日まで、様々。つまり、知っていれば毎日、話のネタには困らない、ということだ。

そういった細かい記念日まで調査し網羅した「日本記念日協会」のサイト「今日の記念日」。この協会に登録された日付が掲載されており、簡単に調査できるようになっている。中には「バズ(口コミ)の日」といった最近のものまであり、記念日が増えているんだなあ、と感じる。

「日本記念日協会」って?というのはおいとくして、「協会」という名前と気軽に検索できるところから、個人的には重宝しています。

2007年10月05日

071005.jpg世間はマイ箸ブームだそうだ(ってどこかに書いたなあ)。実際、箸のキープできる居酒屋があるとか。エコ意識の高まりから今まで何の気なしに利用してきた「箸」というものに注目が集まっているのは事実。普段、適当に安いから、とか何となくいいから、という理由で使ってきた人もこの機会に今一度、見直すと良いかもしれない。

さらに、突っ込んでその歴史や正しい選び方、材料にまでこだわると面白いことは間違いない。箸についてもっと調べてみよう、と思うなら「兵左衛門~箸の文化と歴史」をみてみると面白い。

箸の歴史、正しい持ち方など、薀蓄の紹介。とくに「箸にまつわることわざ辞典」では「膳部揃うて箸を取れ」など知らなかったことわざも結構あり、感心してしまった。食事時のネタにも「箸」だったら自然な感じで語れる。なかなか隅に置けない「箸」である。

2007年10月08日

石森プロ

071008.jpg
仮面ライダー、009…。その業績をあげたら、切りがない巨匠「石森章太郎」。その「石森プロ」の公式サイト「石森プロ officialWebsite」が、この10月にオープン。今頃…、という気がしなくもないが。まあ、資料の整理や運用体制などいろいろ難しい問題があるのだろう。

とはいえ、本家本元である以上、資料は充実してほしい。新着情報を見ると「10/1プレオープン」と書いてある。プレオープンで終わって欲しくない。過去の作品はもとより、今後展開される「石森プロ」の作品に関しても、きちんとアナウンスすべきだ。

また、08年オープンの予定ながら「SNS」や「Blog」まで用意してある。コンテンツ制作会社として、積極的な戦略に出るようだ。に、しても90年代に「ロボコン」のOVAが出ていたなんて知らなかった…。

2007年10月10日

日本郵政は日本優勢?

071010.jpg
今更ですが、「日本郵政グループ」です。そう。10月1日に民営化したのは知っていたけど、サイトのチェックは失念していました。ただ、アドレスの変更、グループ企業としてのサイト構成は複雑なものがあるようだ。

今回は、日本郵政グループのページをチェック。郵政公社の頃に比較すると画像を有効活用したすっきりしたレイアウトになった。それに、「ブロードバンド版」「ナローバンド版」とユーザを意識した導線となっている。

ブロード版の方ではスペシャルムービーやギャラリーなど見応えのあるコンテンツが揃っている(その内容が地方の画が多いのは過剰演出のような気がしなくもないが)。イメージ戦略の王道、というつくりになっている。

これが、「かんぽ」「ゆうちょ」「ゆうびん」各サイトになるとがらっと変わるが…。とりあえず「ブロードバンド版」の方のギャラリーは見て楽しめます。

2007年10月15日

まだ秋なんですけどね

071015.jpg
10月に入ってようやく秋らしくなってきたなあ、と思ったらビールの世界はもう冬ですよ。まだ、紅葉も始まってないのにちょっと早すぎるんじゃないですか。

というのもビール売り場に行ったら「冬物語」がもう置いてある。秋限定ビールの隣に冬限定ですよ。ちょっと待った、ですよ。そうはいっても、会社の方針だから、仕方ないんでしょうね。それにしても、この時期に出すのに、メーカーの広報・宣伝部は大変だろう。サイトとかどうしてるんだ。

と思ってみたら、やはり、無難な路線。フラッシュで冬らしい画面と商品の特徴とCMの制作紹介。でも、Webでできるアピールはここまでだろう。あとは、12月に入ったらCMと連動でユーザーを呼び込むか…。

2007年10月16日

手芸といえば…

071016.jpg
ここのところ、急に冷え込んできた。ニットモノが恋しい季節到来です。世の中には編み物が好きで、季節かまわずセーターやマフラーだけでなく、帽子やバッグ、編みぐるみを作成する人もいます。

そんな人のために、「編み図」を紹介しているページも少なくないようだ。「触ってごらん、」のウールマークのページから手芸屋さんなどさまざま。ただ、今回紹介する「ハマナカ」は動画を利用して、手編みの基礎から案内している。

初心者にも分かりやすく、丁寧に。

2007年10月29日

やっぱり猫が好き が好き

071029.jpgある年代の人なら分かる「やっぱり猫が好き」。もう20年近く前に終了した番組だけに、知っているのは少なくとも30歳以上だろう。だが、当時、人気を博した番組だけにその世代へは共通の「キーワード」となる。そして、サッポロビールはその「キーワード」を利用した。

2007年、改めてこの3人を並べてCMを作成。現在のPR戦略では常識ともなっているWEBでの公開も。もちろん、さっそくみてみましたよ。「namashibori.com CM特別編やっぱり猫が好き」だ。もたいまさこ、室井滋、小林聡美の3人が相変わらず(あれだけ年代を経ているにもかかわらず)、独特の空気をかもし出していた。

それにしても、この3人を利用するということはターゲットを30代以上の男性に絞ったのだろうか。それぞれ人気のある役者であるし、DVDも発売しているので、年齢問わず知っている人はしっているのだろうが。で、この動画をみていたら久々に「やっぱり猫が好き」を見たくなってしまった。DVDほしいなあ。

2007年11月02日

ECサイト?

071102.jpg最近、仕事柄かメーカーサイトとECサイトに考えることがある。本当にたまにだけどね。例えば、アマゾンなんかは、ECオンリーなので、ユーザーに対しては、「こんなものありますよ、買いませんか」と主張すればよい。

だが、メーカーはどうか。もちろん、売って儲けるのが最終的な目的だが、ただ、売ればいいってものじゃない。自社ブランドの位置、販売店などなど、見えない力がいろいろな方面から働く。で、ふと検索したのがNECダイレクトショップ。NEC、正式名称は、日本電気株式会社という名前からして大きなメーカー。連結子会社が336社という大グループ企業である。

それだけに企業のオフィシャルサイトも、メーカーとしての商品の紹介というより企業のスタンスやニュース&トピックスがメインになる(はず)。でも、やはり自社商品のアピールもしたいし、売れるものなら売りたいし…と考えた時、関連サイトしてダイレクトショップを立ち上げるというパターンになるのだろうな。

いや、もしかしたら関連制作会社の仕事つくりのためかもしれないな。あとは、メーカーとしてあらゆる顧客に対応しますよ、というスタンスアピールか。(その最たるものがセカンドライフへの出店かな)

2007年11月05日

トピックって何だ?

071105.jpg
自分の関心の高いニュースや人に伝えずにはいられない話題。そういった情報を発信するのにネットは最適なメディアといえる。以前から、ニュースサイトには「このニュースに関する話題を書き込む」的な掲示板やコミュニティがたくさんある。

その効果を利用して企画されたのが、「トピックイット」だ。「旬のトピックがわかる」とうたっているが、アクセスの多いトピックほど、上位に表示されるので、自然とアクセス、コメントが集中し、それがますます…、という展開になっている。

ニュースサイトにアクセスせず、巷の話題に参加する。うん。ネット上の井戸端会議だね。あ、それって2ちゃんねる?

2007年11月07日

世界のOLから

071107.JPG
ネット上で世界中の声を拾ったサイトなんか珍しくもなんともない。それがOLだろうが、サラリーマンだろうが、政治家だろうが、飲み屋の店主だろうが(それはちょっと面白そうだ)、企画の骨子自体に大差はない。ネットにアクセスできて、情報発信する気があればいいのだから。

だから、国際OL探偵社という設定で世界各国のOL事情を調査というコンセプトにもふーんと思ったわけですよ。最初は。でも実際にアクセスすると、その演出にはうーんと唸ってしまいました。それが「honda sweet mission」。デフォルメされた地球儀がぐるぐる回るその上で、各国の「顔」が見えたり隠れたり。

「見せ方」の大切さを思い出させてくれたサイトでした。あ、もちろん、ポッドキャストが利用できたり、コメントやトラックバックなどの機能も充実。それより、オーストラリアでは、遺伝子組み換え食料ガイドがあるとか、内容も面白かったですよ!

2007年11月08日

1/1クレイモデルって大変そう

071108.JPG
クルマっていうのは、実用品であったり、個人の趣味であったり用途は多彩だ。その自動車を趣味の世界からアプローチし、デザインという視点で取り上げているのが「ホンダデザイン」だ。

デザイナーズトークや壁紙、News、デザインプロセスの紹介コーナーなどのコンテンツを掲載。とくに、デザインプロセスコーナーはコンセプトからクレイモデル、データ化、試作車までの過程を追っていると、一台のクルマが世に出るまでいかに多くの過程を経ているか、よく分かる。

クルマという商品をまた、違う角度で感じられるサイトである。

2007年11月12日

デザインがいいと評価されたい

071109.jpg

先日の「ホンダデザイン」のサイトに引き続き、デザイン関連のサイトを見ていたところ、「あ、このサイトがあるじゃないか」と気づいた。それが「グッドデザイン賞」のオフィシャルサイト。

過去の受賞作品検索ページといった定番ページからGマーク版下ダウンロードサービスなど実用ページまで充実した構成となっている。展示会などイベントの情報ものっているので定期的に訪れてもいいだろう。

それにしても、グッドデザインの選考に一般市民も加わっているとは知らなかった。

2007年11月13日

ストーブリーグだからこそ

071113.jpg中日の53年ぶりの優勝で幕を閉じ…、といった定型文句は止めよう。ただ、一言いうなら「最近、野球を見に行かなくなったなあ」。神宮大会も行こう、いこうと思いながら、天候不順もあって行けなった。

ああ、そんな愚痴を吐くつもりじゃあなかった。実は野球絡みのサイトで「へー」と思ったのがミズノの「ミズノボールパーク」。硬式、軟式合わせた商品の紹介は当然として、グローブの製作シュミレーションは本格的だ。以外にもコミュニティやトレーニングアドバイスページまであるのには驚いた。

野球好きがこんなコンテンツは必要だろう、と詰め込んだ感じ。スタッフがみんな野球マニアなのだろう。本物の「野球」のように奥が深い。

2007年11月15日

落書きし放題、そのこころは?

071110.jpg以前、紹介したflickrを筆頭にフォトアルバム機能をもったサイトはいろいろある。中にはSNS機能をつけたりプリントサービスをしたり集客にやっきとなっている。

今回紹介するのもフォトアルバム的な機能を持つ「COKORO」。このサイトの面白いのは投稿した写真に落書き&コメントが出来るところ。投稿した素材に手を加えられるというのは「にこにこ動画」もいっしょかな。

そう考えると特別、珍しい機能ではないかもしれない。それでもすっきりとしたデザインとあいまって自分のハートをぐっとつかまれた。それに自分の画像が他人の手によってどんなアートになるかも楽しみだ。

2007年11月16日

欲しいものが見つかるらしい

071114.jpg商品検索、SNS、オークション、アフェリエイト。人間の物欲を刺激するサービスに特化したサービスかもしれない。SNSは違うだろうって?いや、サービス提供者がマーケティングに必要なデータをそろえるのに必要ですよ。それにユーザーの嗜好を知るなら、会員登録させるのが一番。

「あなたのネットショッピングを充実させる」とうたっている「r14」。
人の物欲刺激サービスだが、なんとなく嫌味がない。サイトネーミングとデザインを見た時は「制作はリク○ート?」と考えてしまった。

それでも登録直後のマイページに「友人がまだ一人もいません!急いでつながりましょう!」というコメントには大きなお世話だよ、と思ってしまった。まあ、会員が増えて、オークションが活発になればサービス会社も儲かるしね。そういえば、ビッダーズも本格攻勢に入ってきたみたいだし、EC界は熱くなってるね。

2007年11月26日

ニュース

071126.jpg
有象無象のユーザが集まるネットで人が最も入りやすく、話題を作りやすいコンテンツは何でしょう。と考えたところ、「ニュース」が万人に共通する「キーワード」ではないでしょうか。まずは、ニュースありき。関心のある人は関係カテゴリへ潜っていってね、という誘導がユーザ誘導にはベストかもしれない。

だから、ポータルには必ず「ニュース」はあるし、ヤフーのリニューアル後のデザインでは右カラムからセンター上部へ移動している。その「ニュース」をキーワードにしたのがnewsingだ。

ソーシャルニュースネットワーク、という名目で立ち上げており、ユーザからのニュースがずらっと並ぶ。gizazineやexciteのものも少なくないようだが、ポータルとはまた違ったニュースがあがっている。中には真剣に向き合うべきものもあるが、おおむね脱力もののニュースといっていいのでは。定期的に除いてみてはいかがだろう。

2007年11月28日

コクヨのヨコク

071127.jpg身近に接している文房具。利用頻度の高いものだけにこだわりのある人も多いと思う。俺はウン十万円の万年筆とか持ってるだけで落ち着かないけどね。それでも、オリジナル商品がほしいな、と思うときはある。

自分だけのオリジナル、というほどではないが、名入れグッズや記念品・ノベルティグッズを扱うECサイトがコクヨカスタムファクトリー。コクヨならではの威力発揮、というところだろう。

季節商品やWebオリジナル商品が並んでいるところが素晴らしい。今の季節商品は、手帳、ダイアリーだった。オリジナル商品も捨てがたいが、景品のボールペンが手にフィットし、市販品を購入しよう、と探してもメーカーも商品名も分からなかったりする。

これこそ、何とかならないものか。

2007年11月30日

年末商戦へ黒船の挑戦

071129.jpg
楽天の台湾進出、三木谷氏の球団オーナー退陣、ヤフーショップは11月29日にシステムの大幅リニューアル(遅れ遅れの上、まだ問題も山積みだけど)、アマゾンの取り扱い商材拡大…。朝日新聞でも紹介していたが、ECサイトの動向が慌しい。

 さて、新聞では名前が出なかったものの、最近、頻繁に営業部隊の攻勢が激しいのが「bidders」である。日本でこそ知名度は低いものの、世界シェアでみれば営業トークの「業界3位」という言葉はあながち嘘とも言い切れない。

 そのビッダーズも最近、モバイル版ではauと提携。もちろん、プラットフォームは、sonetMSN@niftyBIGLOBE,excite,ocn,DIONと主要ポータルは押さえ済み。逆転なるか?ちょっと気になる今日この頃だ。

2007年12月05日

配送料のかからないECサイト

071203.jpgまた、そちらがらみのネタですか、と突っ込まれそうだが、気になるのだからしょうがない。そうまだ、本格的に1から10まで関わっているわけではない。が、ECサイトの動向が気になるのだ。

売り手としても、買い手としても気になるのは「送料」。通販である以上、輸送費がかかるのは仕方ない。それに、やってみて分かったのだが、この値段が馬鹿にできない。そんな中、セブンドリーム・ドットコムは、セブンイレブンで受け取れば、送料、手数料は無料、という画期的なシステムを取っている。

取り扱い商品も多岐にわたり、日用品からパソコン、フィギュアなどなど。最近はシニア専用ページもある。各地に流通経路を押さえているのは強いよねえ。

2007年12月07日

話題の人の仕事を参考に

071207.jpg
ここ数年、マスコミに登場することの多い、佐藤さん。仕事内容ももちろん、その2枚目ぶりは、やはり見映えがするんでマスコミもこぞって取り上げる(じゃないのかな)。最近では、奥さんも本を出すほど。社長だけに、営業活動は怠らないようにしているんだろう。もちろん、出るのが好き、という性格もあるとは思う。

でも、「アートディレクター / クリエイティブディレクター」という肩書き職業柄、個人のサイトを作るのは難しい。下手なものは作れないし(まあ、作らないだろうけど)、サイトで個人のイメージが固まってしまう危険性があるからだ。

佐藤さんにとっては、作品が個性の表現であり、すべてである(はずだ)。ということでサイト「KASHIWA SATO」は、過去の仕事の作品集となっている。キリンレモン、キティEXなど「へー、こんなことにも関わっているんだ」と良くわかる。

これを見ると販促やイベントのヒントになるかも。

2007年12月10日

コピーライターに憧れた?

071210.jpg2007年度の「Yahoo!JAPANクリエイティブアワード2007」の受賞作品が決まった。まずはクライアントワークの部門でグランプリだった「電通CR&P塾2007」。

コピーを打ち込むと、それが会議で採用され、さまざまな場面でアピールされる、という設定。コピーライターの経験はないが、自分の考えたコピーがここまで、アピールされると気持ちいいだろうな、と思う。は、そういう気持ちから、みんなコピーライターに憧れるのだろうか。

ともかく、そういうことを感じコピーライターに憧れたら、うちの塾にどうぞ、ということかしら。

2007年12月11日

子供と動物には…

071211.jpg「子供と動物には勝てない」よく言われる話だが、本当に勝てない。というか、勝負にならないよ。だから、テレビの子供お使いシリーズの類は決して見ない。

「Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワード2007」一般の部、テーマ部門で入賞、特別賞の「かえりみち」。W受賞ということで、アクセスしたところ、途中まで見えて、ああ、しまった、と思ったときは手遅れ。

目頭を熱くしてしまいました。ティッシュを使ってしまいました。説明はしません。見てください。やっぱり、動物と子供には勝てんわ。

2007年12月13日

道具と遊び方

071213.jpg商品を売るためにその魅力を伝えるのは重要だ。食材を売るために調理例を宣伝したり、カメラを購入してもらうために写真展を開催したりする。グルメガイドとして有名な「ミシュラン」だって、もともとタイヤメーカーがドライブの魅力をアピールするために作成した販促用ガイドブックである。

EMIがYouTube内に番組を持つほどのネットワーク全盛時代。デジタルムービーカメラがその魅力をアピールするのに目をつめたのが動画投稿サイトになったのは、自然な流れだろう。それが「ドーガアソビ」である。

six apartやSEEBOX STUDIO、FlipClipなどさまざまな動画投稿サイトとのコラボレーションは、どれだけこの機種にかけているかが分かろうというもの。

ただ、願わくば、採用タレントを知名度ではなく、面白度で決めてほしかった。真鍋かをりは無理でも、竹熊氏とか小田嶋隆とかいかがでしょうか。だめ?

2007年12月14日

冬に飲みたいビール

071214.jpg忘年会シーズンですが、皆さん、飲み過ぎには気をつけてくださいよ。最近は酔っ払いに対しての世間の目が厳しく、メーカー自身の自主規制も厳しいし。20歳未満は飲酒禁止ですよ。

驚いたのが、イギリスの名門メーカー「ギネス」のサイト。トップページで年齢確認される。まさに、ギネスバー、という佇まい。名門らしい、厳格さを象徴している。ちなみにギネスブックもこの「ギネス」。それとCMのレベルの高さも有名。

ちなみに、個人的には冬にこそ飲みたいビールが「ギネス」だ。寒い中、室温のままのギネスビールを喉に流し込むのは至福のひとときです。ああ、飲みたくなってきた。

2007年12月17日

食事もセキュリティー

071217.jpg昨年の建物構造偽装に引き続き、今年は「食」の偽装が話題になった。とくに不二家を筆頭とした「老舗」と呼ばれる会社ぐるみの偽装は社会問題だ。

食べるものも口に入る前から警備が必要だ。というわけで「セコムの食」。個人的には、警備会社が、食の通販かよ、と突っ込みたいところだ。

だが、会社としても親会社の看板上、そこらへんはしっかりするだろう。

2007年12月18日

個人的には吸いませんが

071218.jpg個人的には煙草は吸わない。だいぶ昔は、お酒を飲むとほしくなる時期があった。今はそれはないなあ。ちなみに現在、周囲に吸う人も少なくない。煙草は嗜好品なので、人に迷惑さえかけなければ、誰が吸おうと気にしない。世間には嫌煙家もおり、露骨に態度に示す人もいる。まあ、煙草でその人の機嫌が直るならいいじゃない。禁煙の反動が間違ったほうにいったらどうするの。

これは、JTも同じ。喫煙家に、マナーを守るよう必死に進めている。まあ、酒造メーカーと同じだね。嗜好品を扱うメーカーは気を使って大変だ。いや、コンシューマー相手なら、どこも同じかな(我が身を考えて)。そのメーカーであるJTの「JTスモーカースタイル」は面白い。

分煙事例や喫煙可能なレストランの紹介など、気にする人なら有効だろう。吸える場所と吸えない場所の情報は重要かも。どうせならgoogleマップで検索できたりすればいいのに。

2007年12月20日

もういくつ寝ると…

071219.jpgクリスマスまで一週間を切ったね。クリスマスといえばサンタクロース。最近、海外では「サンタクロースの太ったイメージは良くない」という人がいるそうだ。何に関しても過剰反応しすぎる人は困ったものだ。個人的には、ふくよかなサンタが好き。

そんな議論はさておき。今年もサンタ追跡調査の時期がやってきた。「サンタ追跡」。NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が全力を駆使して、サンタの追跡結果を公開するサイト。。久々にみたら、googleアースも利用できるようになってる。

NORADは、サンタもいいけど「平和」への追求も徹底的にしてほしいね。

2007年12月27日

CGMの進化が止まらない

071227.jpgアフェリエイト、ドロップシッピングなどネットを通じて個人が手軽に収入を得る方法が増えてきている。インターネットというインフラが発達し、情報の流れが大きく変化し、個人がいろいろな仕掛けができるようになってきているからだ。

企業も人が集まるところに広告出稿したい。個人の中にはサイトに広告を出したい。そんな隙間をついたのが「アドバタフライ」。そのブログに見合った広告を出稿してくれる。

リアルでいえば、自分の家の壁に広告の看板を貼るような感覚でしょうか。(置き換えなくていいか)。人気者の家(サイト)にはお客さんがたくさん集まり、その家を使って商売しようという企業がいて…。
うん。人の流れが経済活動の流れ。

2007年12月28日

自分の街を

071228.jpgインターネットはコミュニケーションツールである。その一方、サイバースペースという言葉があり、また、梅田望夫が「もうひとつの世界」というように「居場所」でもある。

細かいことを言い出すと、長くなってしまうので辞める。ただ、ネット上に、自分の街を持てる「MyMiniCity」というサービスがある。これは「街」のシュミレーションゲーム、のようなもの。登録し、自分の土地(空間)を確保したら、あとは人が訪れる度に街が発展していくという仕組み。

というわけで皆さん、できるだけ訪れてください。作ったばかりなので、草原です。ちなみに、発展した街は高層ビルが立ち並び、都市になってます。

昔、シムシティーというゲームがあった。街を育てるというコンセプトはいっしょだけど、こちらはアクセスするたび、勝手に発展する。

2008年01月02日

これもCGM

080102.jpg年のはじめですが、いきなりブログ系のサービスを紹介です。やはり、ここ2,3年、注目されているCGMの充実は、誰でも簡単に発信できる「weblog」の割合が大きいと思うわけです。と、同時にブログパーツを筆頭とした周辺サービスも充実していますし。

今回、紹介するのは「プレスブログ」。自分のブログを登録しておき、企業側のプレスリリースと見合う内容であれば、掲載依頼が届き、紹介すれば、掲載料が発生するという仕組み。CGMの基本かつ典型的なパターンですが、内容が込入っていないだけに、誰でも気軽にできるのでは。

ネットをより楽しく充実したものに。そんなサービスを今後、できるだけ多く紹介していきたいと考えています。

続きを読む "これもCGM" »

2008年01月03日

昨年以上にエコブームを感じる

080103.jpgここ1、2年、「エコ」に関して話を聞かない日はないくらい、ブームとなっている。個人的には、車も使わないし、食べ物を残すことはないし、不要な包装紙はもらわないし、自然と実践している。それでも、世界のCO2は減らないようだ。

このエコブームがITの方でも、ブームのようだ。mixiでは大分前から「自然エネルギー導入」をうたっている。そんな中、もっと直接的に、動画でアピールしよう、というのが環境映像専門の「グリーンTV」だ。

確かに、環境が大事だからといって、企業が生産を止めるわけにはいかない。それなら、自社の社員をはじめ、できるだけ自然をl大切にしよう、と啓蒙するのがベスト、というわけなのだろう。どうせなら、にこにこ動画みたいに、投稿&コメント方式にすると面白いのにね。

続きを読む "昨年以上にエコブームを感じる" »

2008年01月04日

休日の頭の体操に

080104.jpgここ1、2年、「脳みそ鍛えよう」関連商品が多い。クイズとか、クロスワードとか、一度考え始めると止まらない。それとこういうものって、人からの問いかけを考えたり、人に問いかけられたりするのも面白い。「謎」は重要なコミュニケーションツールなのかもしれない。

そういったクイズを楽しみながら、自分も出題者側に回れるのが「QuestIQ」だ。最初は、出題されたクイズの「回答者」だが、レベルが上がれば、「出題者」へのステップアップも可能だ。さらには、回答率を競ったバトルもできる、というから同好の士がいる人は楽しめるだろう。

クイズを解くのも作成するのも、頭の体操。自分が常識、と思っていたことが、他人には新鮮な知識だったり、意外な発見があるかもしれない。ある企業に関しても理解度テストを実施して優勝者には、プレゼント、というのもありかもしれない。

2008年01月08日

すっきりとした見せ方

080108.jpgWebサイトを作りだすと、いろいろなものを組み込みたくなってくる。それはいいのだが、コンテンツが増えると、その制作以上に「見せ方」が重要になってくる。メニューボタンを増やすにも限度があるし、トップページはすっきり見せたい、と悩むことになる。

そんな中「画面サイズは表示を考えて」という概念を打ち破り、個性的かつすっきりしたデザインが「柏丸一慶オフィシャルサイト」だ。

トップページに「ニュース」、「フォト」、「グッズ」などさまざまな情報を網羅。それでも、バランスよく、配置されており、うるさくない。1枚のポスターのようにクリックすることなく、情報が見えるのはすばらしい。情報を盛り込むのではなく、上手く「広げた」レイアウト。

「静的デザインの可能性」を感じたサイトです。

続きを読む "すっきりとした見せ方" »

2008年01月09日

オンラインゲームする?

080109.jpgオンラインゲームに熱中するとやめられないらしい。とくにRPGなんか画面の前で何時間もサイバースペースをさまようとか。実は、はまるのが怖くて、オンラインゲームだけは手を出していません。それでも、ゲーマーは年々増えているようだ。

ゲーム会社もユーザーを増やそうとあの手この手でサービスを展開している。とくにライトユーザー向けなのは、他のゲーマーがネット上のどこにいるか分かる「みんどこ」だ。

オンラインゲームの醍醐味として、RPGでいえば、パーティーの仲間、スポーツゲームで言えば対戦相手が重要になる。アクセスしたとき、知り合いがいれば、そこに参加したり、誘ったり出来る。オンラインゲーム版SNSというところだろう。

続きを読む "オンラインゲームする?" »

2008年01月11日

PCとモバイルと

080110.jpgこれからは携帯電話の時代-こういわれて2,3年経つ。実際、モバゲータウンがヒットしたディーエヌエーは注目されているし、楽天では携帯からの売上は右肩上がりであり、昨年、三木谷氏は今後も注力していくと名言。一昨年のソフトバンクの携帯事業に参入、NMPによるユーザーの移動など、携帯戦線は年々、熱くなっている。

そんな中、シェア争いのための差別化に必要なのはサービス。いかに面白いコンテンツを提供するかがカギとなるのは間違いない。で、KDDIがPCと共通のプラットフォームのサービスをスタートさせた。PC版の「au one」を見た時は、携帯版とそっくりで、へーっと感心した。

サービスも「天気」「ニュース」「乗り換え」といった定番から「ショッピング」「オークション」と様々。またsnsとして、greeと提携したり、googleと組んで、gmailならPCでも携帯でも確認できるようになっている。通信会社のサービス合戦はまだまだ熱くなりそうだ。

続きを読む "PCとモバイルと" »

2008年01月15日

ウイジェットをくれるそうです

080115.jpg一昨年くらいから話題になっているブログパーツやグーグルやヤフーで配信してるウイジェット(ガジェットともいうね)。時計やカレンダーなんかは便利なんで利用している人は多いんではないでしょうか。ブログパーツなんかは画面一面に張り付くような派手なものも話題になったっけ。

ネット上には、そういったブログパーツやウィジェットを配布しているところがたくさんあります。オリジナルなものも結構ある。そんな中、今回紹介するのは「フローク」。β版だそうです。

ユーザー登録をして自分のブログやデスクトップに貼り付ける。わんこパックやクリエイター作成のウイジェットも用意してある。味の素など企業とのコラボもしてある。ガジェットに次の付加価値をつけたのだね。

続きを読む "ウイジェットをくれるそうです" »

2008年01月16日

いざという時のために比較する

080116.jpg備えあれば憂いなし。先のこと考えて保険に入っている人も多いでしょう。でも、保険の中味ってよく分からない、というのが実情。窓口にいって細かく説明を聞けばいいんでしょうが、なかなかそうもいかない。

それでも、自分のペースで、見直したい、と考えている人にお勧めなのが「保険比較」。いろいろと網羅されているようです。

確かに、細かい規定が多い商品なので、熟読する必要はありますね。

続きを読む "いざという時のために比較する" »

2008年01月18日

日本の宇宙開発は

080118.jpg冬は、空気が澄んでて星空が一番きれいなシーズンなんですよ。googleアースで地球の表面を眺めるだけでなく、夜空を見上げて、宇宙開発に思いを馳せるもよいのでは。

日本の宇宙開発を知りたいなら、「JAXA」。独立行政法人宇宙航空研究開発機構の略ですが、日本の宇宙開発を担っている部門のようです。

最近は、月の表面のハイビジョン画像が話題になってました。ネットが発達し、経済のグローバル化が進行する現在、宇宙開発も国際協力でやっていくべきだと思うんです。

続きを読む "日本の宇宙開発は" »

2008年01月21日

ストレートなネーミングだけど

080121.jpg最近、PG関係が気になって仕方ない。気になるだけで、何もしてない、という状態。今は準備段階、と自分に言い聞かせておこう。

以前にも書いたが、マッシュアップが気になっている。関連サイトを眺めることが多い。支援サイトや情報サイトも充実しているよう。そんな中で特に気になっているのが「つくるぶ」デベロッパー応援プロジェクト、と言っている通り、PGの情報ページだ。

基本的には、ユーザーの交換情報ページのよう。SNSの要素も強い。とりあえず、ガジェットのページでも読んで勉強しようかな。

続きを読む "ストレートなネーミングだけど" »

2008年01月24日

警視庁も

080124.jpgここ1、2年、急激に子供のネットアクセスに関しての話題が増えている。小学生がネット上で活躍する時代。

考えてみりゃ、95年にWin95が発売されて、今年で13年。あの年に生まれた赤ちゃんが13歳になるのだ。時代の流れを感じるね。警察だってセキュリティに対応しなけりゃいけない。「警視庁セキュリティポータルサイト」というのも立ち上がっている。

中でもキッズは、アニメを使って、作成している。分かりやすいような、子供だましのような…。おしりかじり虫とかドラえもんでも使ったらどうだろう。あ、ロイヤリティーか。

続きを読む "警視庁も" »

2008年02月01日

youの反対はmy?

080201.jpg今、動画投稿サイトはいくつあるのだろうか。数えたことはないけれど10や20はありそうだ。もちろん、YouTubeとにこにこ動画が多くのシェアを占めているとは思うけど。

目的の動画を探すのに、YouTube、にこにこ動画、google video、アメーバビジョンなどさまざまなサイトを検索するのも面倒。という人にお勧めなのが「My Tube」。

また、携帯版もあるし、「MyTubeLabs」というページでは、様々な実験的なことも行っている。のぞいた時は”ながらTube”をテスト公開中。無目的に動画を流すのもいいかもしれない。

続きを読む "youの反対はmy?" »

2008年02月05日

変人占い

080205.jpg人間は基本的に占い好きのようだ。占いコンテンツは重要度が高いし、人気でもある。話をふるとたいがい興味をもってもらった。動物占いなど定期的に占いブームも来る。

昨年はネット上でも「脳内メーカー」がブームとなった。まあ、占いではないが、見えない部分を一定の条件で分類すると、人間は反応してしまう。今年は「変人占い」が話題になりそうだ。

名前と生年月日、血液型を入力するだけで「変人タイプ」が分かるというもの。自分のタイプを知り、友人とのネタにするには、重宝するサービスだ。
しかし。人間というのは、分類されたがる(もしくは何かの属性になりだがる)生き物なんだろうか。

続きを読む "変人占い" »

2008年02月06日

人間全て罪人なのです。で、その罪名は

080206.jpg昨日、話した「脳内メーカー」を作成した「うそこメーカー」シリーズのひとつ。その最新作が「ウォンテッドメーカー」。

名前を入力すると、指名手配所とともに刑罰が下されます。ちなみに中西は「小便小僧なりきり猥雑未遂」でした。

原理は簡単だけど、仕込むのに相当な労力がかかっているはず。作者はかなりの好き物とみた。Webの世界はこういったパワーで支えられているんだよね。

続きを読む "人間全て罪人なのです。で、その罪名は" »

2008年02月08日

Tシャツって難しいよね

080208.jpg「俺さ、ちょっとファッションにはうるさいんだよね。メーカーのTシャツ? へ、そんなの着れないね。だからってオリジナルTシャツを作るのは面倒じゃん。オキニのTシャツ見つけるのはいつもひと苦労だぜ」

という人にお薦めなのが「T-SELECT」。腕に自身のある(か、どうかはしらないが)絵描きがTシャツデザインを投稿。オーダーがある一定の数になると購入できる、というサービス。

うん。空想comに近いけど、もっとお気軽&手軽なサービスサイト。でも、やはり、おっと思うデザインTシャツがあったりして面白い。ここで買ったTシャツが将来、プレミアムついたりして。これを書いたデザイナーってこんな人なんだ。そんな楽しみも一緒に手に入る買い物だね。

続きを読む "Tシャツって難しいよね" »

2008年02月12日

絵をオーダーしませんか?

080212.jpg自分にはイラストの才能がないので、絵を描ける人を無条件に尊敬してしまう。その部分だけね。ところで、空きスペースに絵を飾りたいな、それも既成のものでなく、こちらの要望にそったもの。と考えたところで、金がかかりそうで気がひけてしまう。

だが、「Art-Meter」はキャンバスの大きさで絵の値段が決められる。また、「オーダーアート」というコーナーではイラストレーターに、絵の依頼をできてしまう、というのも素晴らしい。

これまで、金額の不透明さで購入に踏み切れなかった絵も心配なく注文できそう。だからといって、ダリの絵とか安く購入できなさそうだけどね。

続きを読む "絵をオーダーしませんか?" »

2008年02月14日

解析したら43ptだったよ

080214.jpgSEO対策というのは、これ、といった特定の対策があるわけではない。検索エンジンのアルゴリズムは企業秘密だし、変化もする。とは、いえ、研究してSEO対策を生業としている会社も存在する。つかみどころはないが、つかめないわけではない、というところだろうか。

そのページの解析を計測してくれるのが、「SEO診断ツールDipper」である。URLをいれて計測すると、ページランク、被リンク数、順位などを計測し、表示してくれる。

総合評価も下してくれる。「猫と庭の日々」は43ptだった。どこまで信用できるの?と思ったが、運営しているのがセプテーニだった。営業ツールとして使ってるのかな?

続きを読む "解析したら43ptだったよ" »

2008年02月18日

茶、茶、チャット?部、部、部ブログ?

080218.jpgtwitterの日本語版ができるらしい。噂なので、なんともいえないが、できれば、一気にユーザーが増えそうな気がする。英語版しかない現在でも、かなり盛り上がっているようだからね。

日本でも、「つぶろぐ」など似たようなサービスがいくつも始まっている。そのうちのひとつが「もごもご」。なぜ、今回、紹介したかというと、タイトルに「Twitterライクなミニブログ」とついているから。SEO対策なのだろうけど、新サービスとしての気概がほしい。

それにしても、この種のサービスをなんと呼べばいいのだろう。チャット?SNS?それとも、twitterというカテゴリーができるのだろうか。

続きを読む "茶、茶、チャット?部、部、部ブログ?" »

2008年02月20日

twiitterらいくな~ その2

080220.jpg昨年、早い時期からサービスを開始しており、存在はしっていた。が、ほとんど気にしていなかった。それでも、先日の「twiitterらいくな~」を紹介したあと、改めてアクセス。意外ともりあがっているなあと思った。

それが「つぶろぐ」。サービス会社はexciteなので、excitenewsに対するつぶやきが多い。が、中には防備録として利用している人もいるような。確かに、ちょっとした思い付きを書き留めておくにはいいかも。

中には、「誰かが反応してくれれば…」という思惑もあるだろう。(というか少なくないはず)。あとは、どこがメインストリームになるか、かな。

続きを読む "twiitterらいくな~ その2" »

2008年02月29日

便利なオンラインストレージ

080228.jpg前回、前々回に続きオンラインストレージサービスの紹介。お世話になっている方もかなりいるのではないだろうか。そういう自分もお世話になっている一人だ。

名前も絶妙な「宅ファイル便」。登録すると最大100MBまでのファイルをメールとともに送信できる。登録すると強制的にメルマガが配信されてくるが、それでも、無料で利用できることを考えれば魅力的なサービスといえる。

サイトのコンテンツも充実しており老舗サービスなので利用者も多いだろう。ベーシックだが、だからこそ人気のサービスなのかもしれない。

続きを読む "便利なオンラインストレージ" »

2008年03月03日

顔への注目度が上がっています

080303.jpgソニーの笑顔検出デジカメは売れているのだろうか。先日、タモリ倶楽部で、笑顔度を計測するシステムで遊ぶ、という特集をやっていた。昨年はケータイサービスの「顔チェキ!」が大ヒットした。「表情」という,数値化の難しかったコミュニケーションの一手段に脚光が浴び始めている。

今回、紹介するのは「顔ラボ」フジフィルムが提供するサービス。顔検出技術のAPIを公開し、さまざまな場面で利用してもらおう、とスタンスだ。例として、アップロードした画像から、特定の顔以外の視線を消したり、ウサギの耳をのっける、などユニークな例を紹介している。

人の「表情検出」に成功した。次は「感情」だろうか?数値化しにくいものを数値化する。感情がデジタル化される日も来るのだろうか-

続きを読む "顔への注目度が上がっています" »

2008年03月05日

Frickerからプリントアウト

080305.jpgFrickerに登録してあるものの、なかなか利用する機会がない。英語というところが一番ネックなのだけどね。それでも、利用している日本人も少なくないようだ。

今回は、そんな人たちが楽しめる「moo.com」を紹介。ここはFrickerやfotologなどに上がっている画像をプリントアウトしてくれるサービス。ミニカードやグリーティングカードをプリントアウトして送ってくれる。

Frickerもこのサービスもサイトは英語。英語が読めて、普段、フォトサービスをよく利用している人は、試しに利用しても面白いと思いますよ。

続きを読む "Frickerからプリントアウト" »

2008年03月10日

つぶやきしろうってどうしてるのだろう

080310.jpgツイッター似のサービスは多く、過去に紹介した以外にも続々とあるようだ。
どこが一番ユーザーが多いのかは分からないが(twitterが一番多いのは当然だけど)、最近はさまざまな機能をつけたサービスが増えている。

そんな中で地図サービスと合体させたのが「くすくす」。呟きが噴出しで地図上に表現されるサービスだ。googlemapを利用したサービスは特別珍しくない。それでも、何も考えたくない時に、ぼーっと眺めていると面白い。

コミュニティほど、ディープな関係はいらないけど、誰かに相手して欲しい、という人が多いのかな。つぶやきで思い出したけど「つぶやきしろう」ってどうしてるのかな?

続きを読む "つぶやきしろうってどうしてるのだろう" »

2008年03月11日

ビジネスもプライベートも

080311.jpgメール、ブログの増加で、文章を書く機会はかなり増えていると思う。ただ、個人的なことなら、ともかく、ビジネスなどに必要な公式文書や血縁関係に送る書状などは苦手な人も多いはず。

そうした文書例をふんだんに、揃えたのが「直子の代筆」だ。ここのいいところは、しゃちほこばったビジネス文書だけでなく、個人偏で「デートの誘い」などあらゆるシーン(?)を想定した文例があること。

かなり昔からある老舗サイト。それだけに、ファンも多いと思う。中には、ここの文例で人生変わった人もいるかも…。

続きを読む "ビジネスもプライベートも" »

2008年03月14日

なんでみんな検定好きなんだろう

080314.jpg数年前から、資格ブームが始まり、現在はいろいろな「検定」がある。実際、仕事上、必要なものはともかく、ご当地検定、といったものは受かったところで、話の種にしかならんだろう、というものは、「趣味」の域といえるような気がする。

その日本人の検定好きに目をつけたのが「プチ検定」。サイトに掲載されている「検定」に挑戦するだけでなく、みずから作成することも可能。また、ブログパーツまで作成することもできるようだ。

検定を受けるって、脳トレ代わりなのかな。どうせなら、SNS機能も付ければコミュもできて盛り上がるかもしれない。個人的に猫検定は受けてみようかな、という気がします。また、ブログパーツでアフェリエイトも可能らしい。ちょっと興味有り。

続きを読む "なんでみんな検定好きなんだろう" »

2008年03月19日

出版業界への就職なら

080319.jpg今は、人手不足から求人系が元気よい。企業も業績向上のために、一人でも良い社員を囲おうと必死だ。その一方、人材の流動が激しくなったとも言える。以前のように、会社に対する帰属意識が低くなってきたのと同時に、会社もやる気のない社員を引き止めない風潮も感じられる。

転職情報サービスも細分化がすすみ、今は出版社専門紹介サイト「出版.com」もある。4,5年前まで、マスコミ関係は人気職種で入るのも大変だったのが、今や派遣を含め、募集しているのに驚いた。

最もこの背景には、「出版」という仕事自体にも多きな変化がある。仕事の細分化がすすみ、一つ一つに専門性が求められている。企画、編集、レイアウト、校正などなど。さらに広告、営業、進行管理…。さらに、大手では、ライツ関係の仕事も業務としては重要になっている。
憧れの出版業界へ、まずはここから挑戦してみては。

続きを読む "出版業界への就職なら" »

2008年04月09日

定番に見えて

080408.jpg人材募集はどこの業界でも重要な課題だ。予算はあっても、人間の存在が重要な職種ならなおさら。それだけに、募集方法にもいろいろ工夫を凝らしたものが多い。

ここも、かなり分かりやすくなっている。「防衛省・自衛隊:任期制自衛官ガイド」対話形式で役割、仕事の意義、内容。オーソドックスといえば、オーソドックスだが、安心感があり、入りやすい。

それに見せ方は定番でも、フルフラッシュで丁寧に作りこんである。結構細かく、職人技を感じるページです。

続きを読む "定番に見えて" »

2008年04月11日

医療情報は重要だよね

080411.jpg医療というのは一般人にとって、敷居が高い。難しく、またデリケートな内容を含んでおり、その膨大なデータを普段聞いているニュースのように得ることはなかなかないからだ。それでも、病気になりお医者さんにかかるときなど、知っておいた方がいい医療情報は少なくない。

それらの情報を一般に公開しているサイトが「Minds 医療情報サービス」だ。登録してユーザーになると様々な疾患に関する情報を得ることができる。それも、医療提供者向け、一般向けとなっている。

病気になると、患者はいろいろなことを考えてしまうし、様々な情報を得たいと思う。。また、医者も自分の担当している患者の病気関して症例や情報を収集する。そんなとき、このサイトが役に立つのだろう。

続きを読む "医療情報は重要だよね" »

2008年04月14日

ピッと記録する

080414.jpgtwitterの勢いが止まらない。このサービスを「ミニSNS」「メッセンジャー」「ミニブログ」とさまざまな解釈があり、分類しづらく、実はここでも、カテゴリーに分けるのに、どうしよう、と悩んでいるところである。個人的には、チャットに近いかな、という気もしなくもない。だが、ログを残せ、パーマリンクを張れる等、機能も充実している。お手軽なのに機能満載。にくいやつである。

twitter系サービスの2大特徴は「コミュニケーション」と「ログ」だと思う。ブログ、SNSほど書き込むつもりはないが、つぶやきたい、簡単に記録を残したい、というユーザーが多いのだろう。今度、新たに立ち上がった「ログピ」は、つぶやきよりも「記録」に重点を置いている。

名前の通り、「ログ」を「ピッ」と残せる。というより、そちらをメイン機能をしている。「ライフログサービス」。ユーザーがどこまで増えるか。気になるところだ。

続きを読む "ピッと記録する" »

2008年04月15日

仮想空間はどこまで増える

080415.jpgセカンドライフって本当に盛り上がっているの?と疑問はあるが、一部のマスコミとコアなユーザーは、すでに生活空間の一部として利用しているようだ。だが、ネット上の仮想空間は他にもいろいろあるし、これからも増えていく気配。

その中でも、以前からサービスを開始しており、日本人ユーザーも少なくないのが「Habboホテル」。すでに国内で100万人以上のユーザーがおり、いつログインしても仲間がいるのは嬉しい。また、仮想空間サービスは重い、というイメージがあるが、このサービスは、さほど負担がかからないところもよくできている。

ユーザーが多いのでいつログインしても、相手がいるところは嬉しい。チャットルームにログインしても誰もいない、なんて寂しい思いはしなくてすむ。俺もログインしたけど、使い勝手はなかなか良いのでお勧めです。

続きを読む "仮想空間はどこまで増える" »

2008年04月21日

紙を減らす工夫を!

エコ、ってもうbetterとかbestではなく、mustじゃないだろうか。もう、環境にやさしい方がいい、じゃなくて、環境のことを配慮したものじゃなきゃ、ダメ、くらいの気持ちでいかないと本当に自分たちの生活はおかしくなっていくと思う。

それの一助となるのが「greenprint」である。これはwindows対応だが、PC画面上の表示をプリントするのに、必要な部分だけ印刷できるソフト。他にもPDF化する機能もある。

画面をプリントする必要って結構ある。何だかんだいって、会議の資料は紙だし、メールや地図を紙にすることは多い。それだけに無駄を出さないこういうソフトを利用するのは重要じゃないかな。

続きを読む "紙を減らす工夫を!" »

2008年04月24日

紫外線を気にする人におすすめ

080424.jpg人類にとって紫外線は大敵です。特に女性にとっては、天敵(?)と呼べるほどのもののようです。ので、UVカット商品は売れていますね。

化粧品もUVカット商品は重要な売れ筋商品のようです。それだけ、PRにも力が入ろうというもの。で、PRの一環として「アリィー」では「紫外線情報スクリーンセーバー」を用意。全国各地の紫外線量が分かるようです。

他にも壁紙やスクリーンセーバなど用意してますが、「紫外線情報マップ」は、うーんと唸ってしまった。アイデア商品と言えるよね。

2008年05月22日

ヘルシーブーム?

080522.jpgメタボだ、肥満対策だ、と日本も最近、健康管理にうるさくなってきている。さらに、健康に気を使うのは当然だと思うが、気遣いでストレスがたまったら逆効果だと思うんだけどね。

ただ、健康管理の一環として、食事のカロリー表示は女性には好評のようである。そこを目に付けたのか、簡単にカロリー計算できるサービス、「カロリー計算.jp」をみつけた。

食事の画像を選択するだけなので、分かりやすい。ご飯は量も選択できるなど、つくりも丁寧だ。もっとも、同じ食事でも調理法でカロリーは変わってくるので、厳密な数字とはいえないだろう。それでも指標として考えるなら問題ない。いっそのこと、カロリー別メニューを提案した方が便利かも。

続きを読む "ヘルシーブーム?" »

2008年05月23日

気軽に、カロリー計算

080523.jpg食べることが好き、面倒くさいことは嫌い、という人は多いはず。でもそんな人に限って、カロリーなど気にしないだろう。ま、そこに目くじらを立てるつもりはないが、健康に気を使ってるよ、という人に気軽に楽しめるサービスを紹介。

カロリー計算.jpほどこだわらず、さくっとゲーム感覚で楽しむなら、気軽にカロリーを調べたいなら、「Calorie Note」がお勧め。項目も少ないけど、ワードを打ち込めば、数字が出てくるから面白いよ。

「カロリー計算」で検索すると、食事のカロリー関係サイトがたくさん出てくる。それもいいけど、運動したときの消費カロリーに関するサービスも一緒にしておくと、より便利かもしれない。

続きを読む "気軽に、カロリー計算" »

2008年05月27日

働くこと=ゲーム?

080527.jpg仕事はゲームか?これは難しい問題だ。村上龍の「13歳のハローワーク」は今だに版を重ねているようだ。それくらい、皆、仕事というものに悩んでいるのか。人手不足の今、仕事紹介サイトにユーザーを引き止めるため、ゲームページが加わるのは、自然な流れだったのかもしれない。

ゲームをふくめ、簡単な仕事と暮らしを含めたページが「はらきもの、JOBOOB!」。

ハンバーガー屋のゲームをやっていたら、昔、レモンを売る子供を題材にした経済解説の絵本「レモンをお金にかえる法」があったことを思い出した。

キャンペーンページだとしても、銀行を作るなどもっと「経済解説」になるようにこんでも面白かったかもしれない。

2008年06月02日

皆が気にする地デジの行方

080602.JPG2011年より、地デジがスタートする。国内の地デジ移行は順調にいっているのかどうかは分からないが、CMをはじめPRに必死だ。とはいえ、詳しい情報に関してどこで確認すれば、いいんだという思いをしている人もいるはず。

それなら、社団法人デジタル放送推進協会が立ち上げたサイト「地デジ・BSデジタルのことなら!」がおススメだ。総務省も絡んでいるせいか、問い合わせ先など詳しく掲載されている。

デジタル放送は浸透するのか?の前にこのサイト自体、認知度はどうなんだろう?

続きを読む "皆が気にする地デジの行方" »

2008年06月04日

目が良くなりたい

080603.JPG価格.comを筆頭に比較サイトは、、無数にある。比較される方はたまらないが、ユーザーとしてはこれほど参考になるサイトはない。また、比較サイトの中でも、単純に商品に関することから、携帯の料金プランなどサービスまでさまざま。

そんな中でも、こんなのあったんだ、と感心したのが、レーシック専門の情報比較サイト「レーシックdeかわろ」だ。レーシックとは、レーザーによる近視矯正手術のこと。最近、受ける人が増えているとはいえ、専門比較サイトがあったとは驚いた。

「比較専門」というよりは、レーシックに関する情報ポータルサイト、という内容。だが、手術を考えている人にとっては重要な情報源となるのだろう。

続きを読む "目が良くなりたい" »

2008年06月05日

豆しば

080605.JPG脱力系キャラが人気でさまざまな種類のグッズが出ている。そこに目をつけたのだと思うが、新たなキャラを利用した番組が始まっていた。

それが「豆しば」。実際、どうでもいい豆知識をキャラクターが教えてくれる、という番組。ただ、本当にどうでも良すぎて笑ってしまう。

「キスをすると約2億個の最近が口の中を行ったり来たりするよ」まさにトリビア以下の知らなくてもいい情報ばかり。もっと重要なことがあるだろう、と思いつつ見てしまう。あと、豆柴っていう種類の犬、本当にいるんだよね。

続きを読む "豆しば" »

2008年06月16日

災害

080616.JPG先週末起きた岩手・宮城内陸地震。マグニチュードの大きさもそうだが、地形が変わってしまった山岳の風景を見ていると、自然の偉大さ、人間の脆さを改めて実感する。

今回は、東北に友人、親戚が不在だったものの、いたら連絡をとるのに必死になっていたろう。こういったとき、伝達手段の一つである、ネットも重要なインフラとなる。例えば「災害用伝言板」がそうだ。

情報の信憑性を高めるために、同意者のみ利用できるようになっている。災害のとき、これらの掲示板が連絡に手段として活用できれば。ま、活用するような状況にならないのがベストなんだけどね。

続きを読む "災害" »

2008年06月18日

横スクロール?

080618.jpgWeb制作に関わっていると、「縦」に物事を考えるクセがつく。文字は横書き、動きはタテ。一時期、T-timeという縦書きソフトが頑張ったが、苦戦している。電子ブックも普及せず、本は昔通り、紙で流通している。

横書きはともかく、縦スクロールには飽きたぜ、という人に挑戦してほしいのが「bookreader.js」。長文を縦スクロールでなく、横スクロールするためのjavascriptのライブラリページ。

青空文庫を横スクロールでえんえんと見ていると巻物を見ている気分。イラストを絵巻物風に作成したら新しい表現ができそうな…。誰か挑戦してくれないかな。

続きを読む "横スクロール?" »

2008年06月20日

ついでに企業のものも必要じゃ

080620.jpgここ数年、何かと話題の「裏サイト」。いや、インターネットが発明されたときに、こうしたものはあったんだろう。表があっての裏。神がいての悪魔。公式があっての非公式。

ただ、中でもマイナスイメージが強いのが、学校裏サイト。学校の公式サイトとは別に有志が立ち上げたサイトで生徒や関係者の交流の場にもなっている。ただ、子供が利用するだけに、そこに書き込まれた内容はストレートで、純粋な分だけ残酷な部分も持ち合わせており、そこから、悲劇が起こることもある。そこをなんとかしようと提案されたのが「学校裏サイトチェッカー」。悪意のある書き込みを探し出し、広がる前に手を打ちましょう、というサイト。

裏サイト、というとやましいイメージがあるが、要は非公式サイトをみんなで監視しましょう、という呼びかけ。監視されていれば、悲劇は起こりにくい。それに、教育委員会とか、・・協会とか、もっともらしい団体よりも、「みんなで」という発想がいい。もともと、インターネットは情報共有のために考案されたシステム。「みんなで」学校を盛り上げていきましょう。

続きを読む "ついでに企業のものも必要じゃ" »

2008年06月23日

電子書籍は普及する?

080623.jpg本屋に行くと、これでもか、というほど雑誌、書籍がすらりと並ぶ。これが嬉しくもあり、悲しくもなる。いや、本が出版されることはとてもいいことだと思う。読者にとっては幸せだ。

ただ、版元は、切実だ。書籍の出版だけでなく、持っているコンテンツの有効利用を考え、以前から、電子書籍に期待をかけていた。中でも業界で力を入れているだろう「ebookjapan」は、名だたる出版社の名前が並ぶ。マンガが多いが、やはりこれが一番、購入される、という判断か。

このサイトの特徴は「トランクルーム」だろう。購入、ダウンロードしたコンテンツをサーバに置いておけるのだ。PCがクラッシュしても泣かずに済むし、買い換えてもデータの移行をしなくて済む。これこそ、蔵独活コンピューティングの思想だね、と落としておこう。

続きを読む "電子書籍は普及する?" »

2008年06月24日

雑誌

080624.jpg電子書籍とは違うが、こちらも「雑誌」がキーワード。オンラインメディア登場!と宣言しているが、いわゆるWebマガジン。だが、こちらはさまざまな雑誌の特集をピックアップした特集記事のポータル版。本屋やコンビニの雑誌コーナーに行くと各雑誌の特集記事に目を通し、世間の話題を再確認したり、自分の趣味の世界の情報を収集するよね。

そんな感覚が味わえるのが「XBRAND」。出版社にとらわれず雑誌の記事を読み比べられる。いいとこどりと言えば、そこまでだけど、ファッションやグルメなどジャンル別に分かれているので情報収集にはちょうど良い。

ここで紹介されるのはタイアップ記事が多いだろう。ここ最近、自社のPRに「マガジン」という名前でWebをPRするメーカーもある(トヨタなど)。今後、Webマガジンは増えるかもしれない。

続きを読む "雑誌" »

2008年06月26日

フリーソフト

080626.jpgソフトがないとパソコンはただの箱。だから、みんな自分の目的にあったソフトを利用する。ただ、市販の便利なソフトって安くないものもある。フリーソフトでもいいよ、という人はネット上でダウンロードしてきて利用する。

実際、有償ソフトに匹敵するほどのフリーソフトも存在し、広く配布されている。窓の杜などへいくと「こんなにあるの」と思うほど紹介されている。ただ、初心者にとっては、どれがいいか迷うところ。もっと気軽に市販品に劣らない性能を持つものを知りたいんだけど、という人におすすめなのが「FreeSoft.nomaki」。定番中の定番。それだけに、PCに扱い慣れなてい人にとっては、ピッタリだと思う。

フリーソフトの存在意義に関して書くと長くなってしまうので省略。ただ単にもっとみんなPCライフを楽しもう、というところです。このサイト管理人も同じ気持ちだと思う。「~のまき」というネーミングも個人的には気に入ってる。あ、あと、市販のソフトが高い(一部の商品)、という人も少なくないんじゃないかなあ。

続きを読む "フリーソフト" »

2008年06月30日

仏教について考えちゃう

080630.jpg以前、「お守りCDROM」が発売禁止となった、というニュースを耳にした。しかし、お守り袋と呼ばれているものの中に、入っているのは、「言葉」が書かれた紙である。重要なのは袋でなく「言葉」であり、その意味する「言霊」だろう。ならば、その「言霊」がこもっていれば、紙だろうとディスクだろうと、まったく関係ないのではないか、と考えたこともある。

人間、一度は宗教に関心を持つと思うが、そんな時は「彼岸寺」を訪れると面白いと思う。普段、接することのない「お寺」や「仏教」を入り口にいろいろ考えることができてよいのでは。

さて。言葉ができたことにより、人間は意思の疎通を図り、相手を縛り、自分も縛られてきた。また、様々な言葉を知り、扱うことで、相手を制御してきた。例えば、ひとつの言語しか話のできない人より、複数の言語を使える方が、自由度がきく。出来ることが増え、行動の範囲も広がる。

それは、PGにも通じることだと思う。より高度なPGを利用できることで、システム構築において自由度がきく。プログラマーならより多くのPG言語を知っている人間の方が上位にいる。そして、ネットワーク上で自由に動くことも可能で、他のシステムへのアクセスなど様々なことが可能だ。

何が言いたいかというと、言葉(言霊)とPGも同じということだ。例えば、陰陽師が物の怪退治に、呪文を使うのと、プログラマーがウイルスに対してワクチンプログラムを組むのは、同じ作業をしているのだ。クラッカーを封じ込めるのも九尾の狐を退治するのも、原理は一緒。まあ、これは自分の説なので、そういう考え方もあるもんだと思っていて。

だから、「お守りCDROM」に対して、待った、がかかるのは、納得がいかない、ということをいいたかっただけ。

続きを読む "仏教について考えちゃう" »

2008年07月22日

人間関係相関図

080722.jpgmixiをやっていると友人どうしのつながりで意外な人と知り合ったりする。ま、それが人間関係、というものである。ネット上でユーザー同士のつながりを持たせたのがSNSである。ユーザー同士のコミュニティを活発させることで、巨大化したのが、Myspaceでありmixiだ。

その人間関係をもっと分かりやすく、可視化したのが「あの人検索SPYEE」だ。人間関係データベースとしてよくできているな、と思う。もっともここの人間関係は本人たちが自ら行っているのではなく、あくまでもデータベース。

ただ、べジータとかはどうかと。あと、掲載本人の許可は得てるのかな?

続きを読む "人間関係相関図" »

2008年07月25日

台風にわくわくする?

080725.jpg台風といえば、どんなイメージだろうか。上陸すれば、暴風雨で被害をもたらすから、「災いの元」には間違いない。台風の発生はニュースになるくらいだし、職業によっては、その動きは非常に気になるところだろう。

今回は台風にまつわるちょっと変わったサービスを紹介。「台風前線」だ。これはみんなで台風の情報を発信してリアルタイムで状況を把握しましょう、というもの。現地の人はもちろん、進路上にいる人や知り合いがいる人には有効な情報だろう。

子供の頃は、台風といえば、「非日常」の象徴で、わくわくしたものだ。もう、大人になったから、「わくわく」だけじゃすまないことは知っている。それでも、年に何度もない現象で、非日常なのは間違いない。そんな気分を共有できるサービスだね。

続きを読む "台風にわくわくする?" »

2010年01月11日

出版社から、ビジネス専門サイト

出版社が、紙の雑誌ベースでない、Webマガジンをたちあげた。内容もビジネスに特化したもので、出版社がビジネスという硬派の分野で専門のWebマガジンを立ち上げるのは珍しい。講談社の「現代ビジネス」は、ビジネスに特化下内容で発信はすべてWebになる。スタートは無料閲覧、次に登録制、いずれは有料コンテンツという考えもあるそうだ。

出版社は、今のところ、コミックやグラビアなど、柔らかいコンテンツは有料制で運用している。だが、ビジネス系は、新聞サイトが有利なため、そこをフォローしようという考えなのだろう。

また、相次ぐ雑誌の休刊で、編集者、ライターの育成の機会が無くなっている。出版社として、優秀な編集者を育成するためにも、情報発信の機会とも言えるだろう。

デザイン、内容とも、斬新な内容と言えない。が、情報発信を生業としている、出版社の新しい試みとして、ぜひとも成功してほしい、企画と思う。

最近、twitterより、Blogの発信が多いなあ。

2010年10月02日

Webサイトガイドのガイドガイドガイド

Webサイトは無数にあり、そのWebサイトを紹介するサイトもたくさんある。(本がたくさんあって、その本を紹介する本もたくさんあるのと似ているね)。
そのたくさんあるWebサイトガイドの中で今回はお気に入りの二つを紹介。ひとつは「I/OWebデザインギャラリー」は、見やすいデザインとなっている。カテゴリ分けも「タグ」「カテゴリ」「カラー」「掲載日」で分かれており、似たテーマのサイトを探すときは便利だ。
「量は質に勝る」と考えている人にお勧めなのが、「週刊ウェブデザイン」。同サイト内には「ロゴデザイン」「写真・素材」のページもあり、Webデザイナーにとっては重宝するサイトだろう。


2012年04月14日

Webマーケティングの話

Web業界において、サイト作成した後、その結果を厳しく求められることが多くなった。とくに、ディレクターになると、KPI(Key Performance Indicator=重要業績指標)はよく言われる。そういった時代を反映してか、「Webマーケティング」セミナーを無料で開催していたので受講してきた。

とはいえ、話のほとんどは「ヤフーの「スポンサードサーチ」と「インタレストマッチ」の説明で、2年前に「グーグル」日本支社で聞いた「アドセンス」の話を今度は、ヤフーの方から聞きました。という感じ。
ただ、マーケティングとしてこれらの広告を抜きには語れない。以前、とあるキッチン用品のECサイトでは、購入の50%以上がアドセンス経由と聞いたことがある。
昔は「ここに表示されているのは広告だから」と無視していたものだが、最近では、広告と分かってクリックするようだ。いや、目的のものがあれば、広告、自然検索だろうと関係ない。「ネットのテキスト広告って、新聞の3行広告」という感覚は古いのだ。(いつの時代だ?)

だから「広告」の話がメインで具体的なマーケティング手法は聞けなかったのだが、用語は勉強になった。
CTR=クリック率(クリック数÷インプレッション数)
CVR=コンバージョン率(コンバージョン数÷クリック率)
CPC=クリック単価(1クリックの価格)
CPA=顧客獲得単価(コスト÷コンバージョン数)
ROAS=広告費用対効果(売上÷コスト)

※インプレッション数=広告表示回数
※コンバージョン数=サイトの目的達成数(購入、資料請求など)

Web業界はこういった省略語が多い。前後の文章で判断してなんとなく分かっている用語もあるので、気をつけよう、というところがためになった「マーケティングセミナー」でした。

2012年06月21日

単純だけどちょっと感動-東京スカイツリー

20120621.png
オープンして1ヶ月もたって、今更という気もするが、「東京スカイツリー」のサイトに感動した。
いや、スカイツリーの全貌を縦スクロールで再現するとは、よく考え付いたな、と思う。
さらに、地上部分に到着後、「ページトップへ」をクリックすると、スムーズスクロールで一気に塔を駆け上る(?)のも壮観だった。

昔は「ページはコンパクトに、関連内容はリンクで」が主流だった。最近はPC環境が良くなり、ユーザにクリックさせず、長くても1ページでいろいろ説明すべき、という風潮だ。

時代とともにいろいろ変化しなきゃね。

2012年07月13日

ローカルネットワークマガジン コロカル

「地方の時代」といわれて久しい。
だが、インターネットを中心としたインフラの普及で、地方都市からの情報発信が強まっていくのと同時に、注目度があがっていることも間違いない。
そんな地域のネタを集めた、Webマガジンが、ローカルネットワークマガジン「コロカル」。

制作・運営は、マガジンハウス。マガジンハウスらしい、企画・デザインでいっぱいだ。

2012年07月24日

オリンピック

オリンピックが間近に迫ってきた。
世界最大のスポーツ組織であり、かつ「アマチュア」という厳格な規定もあるオリンピック。
そのサイトが
公益財団法人日本オリンピック委員会

シンプルで分かりやすく、かつパートナー企業にもきちんと配慮がされている。
サイト自体に派手さはないけど、コンテンツが派手だからバランスが取れていると思う。

個人的にはこんなサイトが好きです。

管理人:中西 広充 

Webディレクター。創部線の会所属。

出版社で野球雑誌の編集を12年経験。退職後、さまざまな業界でWeb製作、運用に関わる。
週末は基本的に、週末ファーマーズ倶楽部に参加し、畑でハーブと野菜つくり、朝市参加と活動中。夢は自分の農園を持つこと。その夢をかなえるためにも、サイトのタイトルを「中西ファーム」と一人で決定。

趣味は猫に遊んでもらうこと、ハーブ、野菜つくり、飲食店のショップカード収集。ショップカードは数えたら300枚を突破。相互リンク、その他何かありましたら、お気軽にanother_28@yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。

カレンダー

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

関連サイト

About web

ブログ「中西ファーム」のカテゴリ「web」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはmobileです。

次のカテゴリはイベント・キャンペーンです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。